TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
--:-- スポンサー広告 | (-)(-) | 


ホソミオツネントンボ 

2013年05月08日 ()
5/5、ホタルさんと千葉方面へトンボ探しの遠征へと向かった。
今回の目的は3種。
お天気も最高に良いので、期待に胸が膨らみます。

まず向かった先で出会ったのは、ホソミオツネントンボ。
漢字で書くと、細身越年蜻蛉。
トンボにしては珍しく成虫の姿で越冬するので、”越年”の名前が付いた。
小さな体で寒い冬を越すとは、凄い生命力だ!
冬の間は褐色ですが、越冬した成虫は春を迎えると綺麗なブルーの体に大変身する。

今までこのトンボが生息すると言われている場所に何度も出向いていたが、今まで見たことがなっかた。
今回、初対面となります。

すぐ逃げちゃう><
マクロ撮影するには、少々難儀した。
ホソミオツネントンボ オス

ホソミオツネントンボ オス

やっぱり単焦点レンズの描画は美しい。
ホソミオツネントンボ オス

背景のキラキラが気にってしまった(笑)
ホソミオツネントンボ オス

ドッキングカップルもいたので撮影しようとすると、池の奥の方に逃げてしまいます><
撮影できず、イライラしていると、へんてこりんな連結トンボを発見。
オスがメスを捕まえ、さらにオスがオスを捕まえています。
(一番下がメス、真ん中と一番上がオス)
ホソミオツネントンボ へんてこな連結

なんですかね?この関係は(笑)
ホソミオツネントンボ へんてこな連結

普通のカップル写真は撮れなかったが、これはこれで良しとしよう(笑)

さて、この後、ホソミイトトンボを探しに移動したが、残念ながら見つけることはできなかった。
さらに、今回の遠征のメインとなるトンボを探しに向かう。
そのトンボは次回にて。
スポンサーサイト
22:52 アオイトトンボ科 | (0) | (14)  |   | 


COMMENT

まだ未成熟?  ホタル
先日は、行きも帰りも大渋滞の中お疲れさまでした。
目的は達成したもので、良しとしましょう。
写真を見ますと、ホソミオツネントンボのオスは、まだ未成熟のようですね。完全に成熟すると、こんなに青くなります。
http://www.tokyo-hotaru.com/blog/2012/06/post-777/
翌日は、ホソミイトトンボを探しにあきる野市へ行きましたが、いませんでした。しかし、神奈川県まで足を延ばし、しっかり撮ってきました。
  Kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんはです!
わぁ〜、いいな〜いいな〜(笑)
冬の枯れ色は撮ってますが・・・
この時期のは未だ見たことなく・・
3連結・・笑っちゃいますね〜
なかなか貴重なシーンでは・・
ポチッ!

  美由紀
細身との名があるだけに羨ましい程スリムですね。
色も綺麗だし昆虫ファンなら絶対会いたい、
カメラに納めたいトンボさんですね。

恋の季節、いろいろなカップルがいるようで。
見ている分には可愛い姿なんですけどね。

カワセミの件、お答えいただき ありがとうございます。
いつも一羽しか見ないのですが、家族でこの川の近辺に
生息していてくれたら嬉しいです。
  はまぴー
成体のまま越冬するトンボがいるのですね!!
こんな細い体で厳しい冬を乗り切るってスゴイです。
何とも不思議な三角関係ですね。
妄想すると、かなり面白いです^^
  june
トンボさんも極細で、面白い体つきだけど、
この三角関係?もかなり面白いですね〜
メスを見つけたオスがあせってオスを掴んじゃった・・・
なんて感じにも見える(笑)
貴重な写真ですね〜w
  umajin
こんにちは!
綺麗なトンボですね~
しかし、トンボが成虫で越冬とは信じられない生命力ですね。
金シーズンは、見かけたトンボは撮影してみようと思っています(笑)
先日の「本」で色々調べていますが、
それでも中々同定は難しいです(汗)
  あき
うっすさん、こんにちは^^
細い体での越冬、無事に越せたんですね。
蝶でも越冬したり、長い距離を飛んできたり
自然を生きる昆虫たちには驚かされます。

三角関係ですね(*^_^*)アハ
人間だったら大変です^^

ホタルさん  Tigerうっす
こんばんは~。
お疲れ様でした~。
いつもいつもありがとうございます。
私も帰宅後調べてみると、まだ未熟なようですね。
最初の2枚、3枚目、4枚目はそれぞれ別個体です。
まだ少しだけ時期が早かったのでしょうね。
ホソミイトトンボ、どうだったのか気になっておりました。
神奈川県まで行かれたんですね。
見事ゲット、おめでとうございます。
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
私はオツネントンボは撮影していましたが、青くならないんですよね。
ぜひ青くなるホソミオツネンを見たいと思っておりました。
よく行くフィールドにもいるということなのですが、
見たことがなく、どこに行けば撮れるやらと思っていた矢先、
連れて行っていただき、撮ることができました。
3連結、なんですかね、これは(笑)
美由紀さん  Tigerうっす
こんばんは~。
イトトンボの中では中位の大きさのトンボです。
この細い体の中に、越冬する力を潜めているとは驚きですね。
初見のトンボだったので、バシバシシャッターを切ってしまいました。
同じような写真の量産でした(笑)

カワセミは縄張り意識の強い野鳥ですが、今の時期はオスメス仲良く子育てしているシーンを見ることができます。
もう少し経つと子供も巣から出てきて、親子のシーンを見ることができます。
会えるといいですねぇ。
コメントを閉じる▲

オオアオイトトンボ 

2011年11月05日 ()
ヤマガラちゃんを撮影後、特にターゲットもいないので、
そろそろ帰ろうかと片付けていると、すぐ側に止まっているイトトンボを発見。
オオアオイトトンボのようです。
違っていたらご指摘くださいませ。

尾の先端が太いので、メスですね。
オオアオイトトンボ

オオアオイトトンボ

別個体。こちらもメス。
胸部の色と模様が違うのが気になるんですけど・・・
オオアオイトトンボ

腹部が黄金色に輝いています。
7D2_37731_edited-1_800px.jpg

体を反らしたり、
7D2_37752_edited-1_800px.jpg

丸めたりしてました。
7D2_37726_edited-1_800px.jpg

(撮影地:東京都渋谷区)

明日は雨のようですね。
残念(しょぼ)
21:34 アオイトトンボ科 | (0) | (10)  |   | 


COMMENT

  あき
こんばんは☆
スマートなトンボさんですね。
黄金色のお腹がきれいです。
体が柔らかいですね(*^_^*)
丸めたり反ったり、うらやましいです。

今日は時々太陽が見えていましたが、
明日は雨ですね。
  kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんは!
この時期ですからオオアオに間違いないでしょうね・・
先に私がアップしたのは全てオス。交尾シーンも見られたんですが残念ながら撮れず・・
尾部先端が太いのが特徴で、産卵は樹皮にするとか・・
ラストはもしかしてそのシーンかも・・
(先)ポチッ!
  椿の茶屋
こんばんは~。

このイトトンボさん、ラストの二枚が、なんだか目を
キョロキョロさせながら屈伸運動でもしているようで、
かわいいですね(^^)
日曜日は立川の某巨大公園へ行く予定があるのですが、
雨のようで、カメラの出番は少なさそうです。残念。
  moko♡
こんばんは^^
雨の日曜日になってしまいましたね~
オオアオイトトンボ、腹部の黄金色が綺麗ですね^^
まだ見たことないのですけど、この間 オオアオイトトンボが居るよ~って教えて貰ったけど
撮ろうと思ったら居なくなってた(^^ゞ
今年はトンボを撮ろうとしなかったから、撮らせて貰えなかったんだと思います(笑)
  umajin
こんばんは!
野鳥と虫を同日に両方撮るなんて凄いですね!
私は、どっちかになっちゃいそうです(汗)
今年はトンボに縁のない年でした・・・
最後の2枚は背筋、腹筋の運動をしているようですね(笑)
あきさん  Tigerうっす
こんばんは~。
イトトンボは皆スマートで、羨ましいですね(笑)
おまけに色が綺麗なお洒落さんです。
トンボってよく見ていると時折、腹部を伸ばしたり曲げたりしています。
屈伸運動しているんですかねぇ。
日曜日は雨になってしまいましたね。
一気に撮影意欲が下がってしまいました(^_^;)
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
オオアオで合ってますか^^
オスも探したんですけど、メス2頭しか見つけられませんでした。
でも、意外なところにいたのでラッキーでした。
このトンボは樹脂に産卵するんですよね。
最後の写真はもしかしたらそうかも知れませんね。
この後、よく観察しておくんだった><
椿の茶屋さん  Tigerうっす
こんばんは~。
腹部をぶらぶらさせながら、伸ばしたり丸めたりしているようでした。
もしかして産卵かもしれないのですが、
この後観察しなかったので、残念です。
立川の巨大公園に行かれましたか~。
紅葉もそろそろですかね。
イチョウ並木は見頃はじめのようですね。
mokoさん  Tigerうっす
こんばんは~。
日曜は雨になってしまいましたねぇ。
髪の毛を切りに行った後でもちょっとぶらつこうかと思っていたのですが、
結局どこも行かずじまいでした(笑)
オオアオイトトンボはイトトンボの中でも大きいので、飛翔能力は高いようです。
結構遠くまで飛んで行っちゃうんですよね。
トンボを撮るにはやっぱり心でお願いしないとダメかな(笑)
umajinさん  Tigerうっす
こんばんは~。
今の時期だと野鳥も撮りたいし、昆虫も捨てがたい。
レンズは150-500mと55-250mmを持って行きますが、ホントはマクロも持っていきたいところ。
私のマクロは150mmで重たいので、泣く泣く置いて行きます(笑)
今年一年は、初対面のトンボも撮影できたので、まぁまぁかなーと思っております。
また来年尾瀬にトンボ撮影に行きたいと思っております。
トンボって時折屈伸運動のような動いをしますね。
何をしているんですかねー。
コメントを閉じる▲

アオイトトンボ 

2011年10月29日 ()
コスモスの丘での撮影を終えた後、夏の間、トンボが飛び交っていた日本庭園の池に行ってみた。
まだ赤トンボか何かいるかなと期待を込めて。

到着すると、ギンヤンマや数種の赤トンボが確認できましたが、低い位置を見てみると、イトトンボの姿が!
おぉー、まだいたか!
アオイトトンボのようです。
4~5頭の姿を確認できました。
遅ればせながら、今季初の撮影でした。

腹部第9,10節が白いことからアオイトトンボと判断しましたが、間違っていたらご指摘ください。
アオイトトンボ

イトトンボの中では大型で、飛翔能力は高く、池の上を自由に飛び回っています。
アオイトトンボ

ブルーの透き通る様な目が印象的です。
アオイトトンボ

当然、同種間で縄張り争いしてましたが、ネキトンボともバトルしてました。
細い体で根性あるねー。
アオイトトンボ

結構寒さを感じる日もありますが、まだイトトンボがいるんですねー。

(撮影地:昭和記念公園 日本庭園)
[サイト内タグ検索] アオイトトンボ アオイトトンボ科
00:01 アオイトトンボ科 | (0) | (13)  |   | 


COMMENT

管理人のみ閲覧できます  -
  はまぴー
綺麗なブルーですね!!
歌にある通り、「青いお空をたんだから」、青く染まったのでしょうか。。。
目玉はジャパンブルーですね。
なでしこファンなのかもしれませんね^^
  clemys
始めて見ましたがコレは綺麗!!!
淡いブルーが神秘的ですねー。
アオイトトンボ  ホタル
こんばんは。
アオイトトンボは、未熟の時はメタリックなのに、11月頃の成熟したものは、シオカラトンボのように粉を吹くんですよね。
東京では、場所によっては絶滅危惧Ⅱ類にランクされているので、公園での出会いは貴重だと思います。
管理人のみ閲覧できます  -
  kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんは!
10節が白いのがオオアオで、9.10節が白いのはコバネかアオイト・・・
コバネは殆ど見れないそうですのでアオイトのようですね・・
実は私、まだ未撮なんです・・
青い眼。綺麗ですね・・・
ポチッ!
最初の鍵コメさん  Tigerうっす
こんばんは~。
いらっしゃって下さったのですね。
ありがとうございます^^
下手な横好きなので駄作も多いですが、良かったらまた見に来てくださいね。
そうそう、10/16の記事を見ていただいたでしょうか?
一緒に観察した巨大な野鳥はキジではなく、ヤマドリでした(^_^;)
嘘言ってごめんなさいね。
はまぴーさん  Tigerうっす
こんばんは~。
シャンパンブルー、もしくはサファイアブルーとでも言いましょうか。
とても美しい目を持っていますね。
透明感もあるし、私は深い海の色という印象を持ちました。
なでしこブルーという表現もいいかもしれませんね^^
clemysさん  Tigerうっす
こんばんは~。
トンボの目って、色々バリエーションがありますが、
いずれもとても美しい目を持っていますよね。
この子はサファイアブルーとでもいいましょうか、透明感のあるブルーの目が印象的です。
西洋人の青い目も負けちゃいますね。
ホタルさん  Tigerうっす
こんばんは~。
ホタルさんからお墨付きをいただけると、ホッとします。
アオイトトンボで合っててよかった^^
メタリックボディしか見たことなかったので、少々自信がありませんでした。
成熟すると、こんなにも粉を吹いた様な感じになるんですね。
実はこの撮影地ではクロイトトンボはよく見かけていたのですが、アオイトトンボは初めてでした。
貴重な出会いだったんですね~^^

コメントを閉じる▲

オツネントンボ 

2011年08月18日 ()
ヒョウモンチョウが続いたので、今日はイトトンボ。
オツネントンボで合っていると思うのですが。
もちろん初対面です。
帰路の途中で立ち寄ったお蕎麦屋さんの横の田んぼのあぜ道で見つけました。

トンボの多くはヤゴの状態で越冬しますが、このトンボは成虫のまま越冬するので、越年蜻蛉(おつねんとんぼ)と名付けられました。
こんなに細い体なのに、強い生命力を持っているのですね。
越冬するトンボは他にホソミオツネントンボ、ホソミイトトンボがいます。
翅を閉じた時、前翅と後翅の縁紋がずれているので、オツネントンボと判断致しました。
ご覧のように淡い褐色の体をしています。

オツネントンボ

オツネントンボ

オツネントンボ

オツネントンボ

このあぜ道では、小さなアマガエルがたくさん飛び交っておりました。

(撮影地:長野県茅野市)
[サイト内タグ検索] オツネントンボ イトトンボ科
22:02 アオイトトンボ科 | (0) | (8)  |   | 


COMMENT

  Kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんは!
間違いなくオツネンのようで(笑)
先日、私も撮りましたがよく見るとホソミオツネンでした・・
春先の水色個体も撮らなくては(笑)
このか細いカラダで越年とは・・・逞しいですね・・
ポチッ!
  はまぴー
すごい!!
成体で越冬するのですか!?
ものすごい生命力ですね。
命って素晴らしいですね^^
  umajin
こんにちは!
イトトンボと聞くとカラフルなイメージですが
このイトトンボは地味な色あいですね。
この細い体の体色、模様ともお菓子のプリッツを連想させました(笑)
厳冬の長野で越冬とは凄い生命力ですね!
  moko♡
こんばんは^^
越冬のホソミオツネンは見たことありますが オツネンは見たことないです!
草の中では目に付きますが 越冬中は小枝に擬態でしょうかね~
寒いのに大丈夫なのかなぁ~て思っちゃいます!
厳しい自然界を生き抜いてますね!
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
オツネンで合っていますか^^
実はホソミオツネンって見たこと無いんです。
むしろ、ホソミオツネンの方が平地ではポピュラーのような気がするのですが。
この子は成熟しても、水色にはならないようです。
長野の寒い冬を越すのですから、逞しいですよね。
はまぴーさん  Tigerうっす
こんばんは~。
普通サイズのトンボやヤンマなどでも成虫で越冬する種類はいないと思うのですが、
この細いイトトンボが成虫で越冬するとは、驚きと共に感動ですね。
どこにそんな生命力が蓄えられているのでしょう?
見かけたら、褒めてあげてくださいね(笑)
umajinさん  Tigerうっす
こんばんは~。
そうですねー。
イトトンボはカラフルな奴が多いですが、このオツネンは枯れ草色ですね。
その点でも種類が絞れるので、同定が楽です(笑)
何かに似てるなと思っていましたが、なるほどプリッツ!
プリッツと一緒にいたら、間違えて食べてしまうかもしれません(んな訳ない^^;)
この細身で気温マイナスの世界を生き抜くのですから、感動すら感じます。
mokoさん  Tigerうっす
こんばんは~。
私はmokoさんと逆で、ホソミオツネンを見たことが無いんです。
ホソミの方がポピュラーですよねぇ。
この枯れ草色は、やっぱり越冬中に見つからない為の擬態でしょうね。
小枝の中に混じっていたら、見つけられないでしょうね。
この細さで極寒の世界を生き抜くのですから、不思議というか感動ですね。
春にみかけたら、褒めてあげましょうね。
コメントを閉じる▲

アオイトトンボ 

2010年07月21日 ()
笹薮の中を歩いていると、足元にアオイトトンボさんを発見。
光沢のある青緑色をした美しいイトトンボです。
イトトンボって水辺にいるって思い込んでいましたが、藪の中にもいるんですね~。

イトトンボの多くは翅を閉じて止まりますが、
アオイトトンボの仲間は翅を広げて静止します。
アオイトトンボ

よく似たオオアオイトトンボとの区別は難しい。
オオアオイトトンボは第10腹節だけが白くなるのに対し、アオイトトンボは9、10節も白くなるとのこと。
よって、アオイトトンボと判断しました。
アオイトトンボ

光に当たると、メタリックボディがキラキラ輝いて美しいですね^^
アオイトトンボ

この子は先日のキイトトンボと違って、近寄りすぎるとすぐ逃げちゃう><
顔のアップを撮りたかったな^^;
[サイト内タグ検索] アオイトトンボ アオイトトンボ科
21:15 アオイトトンボ科 | (0) | (12)  |   | 


COMMENT

  kameのフォトブック
うっすさん、こっんばんは!
アオモンは撮ったことありますが、このコはまだ未撮影です!
翅を広げてくれるのも、嬉しいですね!
図鑑によると、今の時期は林内にいて秋頃に水辺に戻って繁殖活動をするらしいです!
コバルトブルーの綺麗な色にお尻のワンポイントがいいですね!
ポチッ!
  あき
こんばんは。
綺麗なをしているボディのトンボさんですね。
光が当たってきらきらと光っているのをみたいです。
顔もアップも見たかったです。
どんな顔をしているのでしょうね。
ぽち☆
こんばんは  Toshi
だいたい青~緑系が多いようですが、メタリックボディーのトンボは綺麗ですよね。
数は少ないようで、都市公園ではめったに見られません。
毎年発生してる思われる池を見つけましたので、8月になったら行ってみようと思ってます。
  美由紀
アオイトトンボさん、ただの青じゃなくてパールがかったような、ラメがちりばめられた様なボディーがとても綺麗ですね。

それにしても細ーい!
うっ、羨ましい!!

うっすさん、ど素人の質問をしてもいいですか?
このトンボさんだけでなく、トンボさんの細く長い部分は胴、それとも尻尾なの? 尻尾だとしたら、内臓はどこ?
  デイジー
うっすさん、こんばんは♪
アオイトトンボさん、パール感のある綺麗な青緑色の
ボディーですね(*'-'*)キュン
光が当たると特に、キラキラ感が増して美しいです~♪
目も部分も鮮やかなブルー何ですネ☆
細身のボディーがいいな~(´ー`*)。・:*:・ポワァァン
それにしても、いつもこんなに色々な昆虫さんと
出逢えるうっすさん、羨ましいです♪♪
  ひとこ
こんにちは~。
私が少し前にみたのが、黒のイトトンボさんでしたが、
同じイトトンボさんの青い種類でしょうか?
緑がかった青というか、とても奇麗な色ですね。
そうか~、このとんぼさんは、普段は翅を閉じているんですね。
それにしても、どのとんぼさんにもおもうのですが、
このとんぼさんは、特にスリムでうらやましい~(笑)
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
逆に私はアオモンを撮ったことがないのです。
フィールドが違えば、存在する昆虫も違いますね。
アオイトトンボは、イトトンボの中では珍しく翅を広げてくれますね。
ほほー、今の時期は林の中にいるんですねー。
林の中の藪にいるのもうなずけますね。
この手の色合いのイトトンボは種類が多いので、同定が難しいですね。
あきさん  Tigerうっす
こんばんは~。
メタリックで輝いているので、美しいでしょう。
ぜひ、実際にあきさんの目で見て欲しいですね。
このトンボさんは近づくとすぐに逃げてしまうので、
思うように近づけなかったのです。
またチャンスがあったら、こんどこそ顔のアップを狙ってみたいと思います。
Toshiさん  Tigerうっす
こんばんは~。
この手の色合いのイトトンボは種類が多いので、同定が難しいですね。
でも、キラキラ光るメタリックボディはとても綺麗です。
アオイトトンボの数って少ないのでしょうか。
こちらでもあまり見かけません。
林の藪の中で1匹だけ見つけたのです。
1匹いるってことは、繁殖していると思われるので、他にもいそうです。
繁殖ポイントを見つけたのですね。
写真楽しみにしています。
美由紀さん  Tigerうっす
こんばんは~。
パールが入ったようなメタリックが綺麗ですね。
自然界でよくこんな色の生物がいるもんだと感心してしまいます。
うんうん、細いですねぇ。私もうらやましいです^^;
イトトンボの細長い部分は、胴体ですよ~。
この細さの中に内臓も入っているんでしょうねぇ。
標本を作る際、大型のトンボの場合はこの胴体を切り開いて内臓を取り出すようですが、
イトトンボの場合は無理なので、薬品で腐敗しないようにするみたいです。
コメントを閉じる▲

TOP | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。