TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
--:-- スポンサー広告 | (-)(-) | 


エゾミドリシジミ メス 

2013年08月21日 ()
今回の遠征で訪れた第一ポイントで思わぬ出会いがありました。
蝶の姿を探索していると、下草にゼフィルスの姿が!
えっ!? この時期にゼフィルス!?

私には同定できませんが、エゾミドリシジミらしいです。
エゾミドリシジミ メス

目の前で翅を全開してくれました。
メスでした~。
エゾミドリシジミ メス

8月も半ばを過ぎたというのに、ゼフィルスと出会えるとは思いもしませんでした^^
オスだったらなぁと思うのは贅沢ですね^^;
オスはとても美しいコバルトブルーの翅を持っています。
他の個体の姿も探しましたが、見つかりませんでした。

スポンサーサイト
22:39 シジミチョウ科(ゼフィルス) | (0) | (8)  |   | 


COMMENT

  Kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんはです!
この時期にまだゼフとは嬉しい出逢いでしたね〜
オスの翅表は残でしたがメスに遭えただけでもオンの字・・
憧れのミドリにいつか出逢いたいものです!
ポチッ!
エゾミドリシジミ  かえで☆
まぁ~こちらはエゾさんですか! 
ミドリシジミにも色々いるんですね~!
こんな時期に出遭えるなんて('∇^d) ステキ☆!!
雌でも初見初撮りは、良かったですよね。
こう言うお話はこちらも本当に嬉しいですよ♪

未だミドリシジミとの出遭いがありません。
  はまぴー
思わぬ出会いって、本当に嬉しいですよね!!
こちらまで嬉しくなります。
今年は女性にモテモテかもしれませんよ^^
  ciel
こんにちは^^
ゼフィルスの種類ってたくさんあるんですね~
ミドリシジミにも色々あるんだ。
メスだったのはほんとに残念ですけど
撮れて良かったですね^^
↓のクジャクチョウもとっても綺麗ですね~!
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
意外な出会いに、ちょっと興奮しました(笑)
ゼフィルスはもうとっくに諦めていたので。
まだいるんですねぇ。
来年、もっと早い時期に行ければいいなぁと思っております。
かえでさん  Tigerうっす
こんばんは~。
名前にミドリシジミと付く種類はたくさんいるんですよね。
本家ミドリシジミはやっと今年撮影出来たので欲張りませんが、
意外な出会いに少々興奮いたしました(笑)
時期的にもうゼフィルスは諦めていたので。
来年こそ、かえでさんにもミドリシジミとの出会いがありますように。
はまぴーさん  Tigerうっす
こんばんは~。
いやー、ビックリでした。
今年のゼフィルスはもう諦めていたので。
思わぬ出会いってあるものですね。
人間の女性とも思わぬ出会いがあるといいのですが(笑)
cielさん  Tigerうっす
こんばんは~。
日本にいるゼフィルスは25種類いると言われています。
私はまだ6種類しか撮影出来ていません。
これ以上は遠出しないと無理なのです。
今回、運良くエゾミドリのメスと出会えました^^
場所は抑えたので、来年オスを探しに来てみようかななどと思っております。
コメントを閉じる▲

オオミドリシジミ 

2013年06月16日 ()
東京は雨の日曜日となってしまいました。
降るのか降らないのかはっきりしないよりも、朝から降っている方が諦めがつくってもんです(笑)

日曜日の天気が雨予報に変わり、土曜日は無駄にできないとゼフィルス探しに出かけた。
起きた時間が遅かったので、出遅れた感はありましたが、ポイントだけでも確認したい。

狙いはオオミドリシジミ
フィールドに到着し、目撃情報のあるポイントを探索する。
朝早く来られた方は木の上にいるオスの写真を撮影されていたが、姿さえ確認できない。
園内を一周し終わった後、時間もあるし、いつもと違うルートを歩いてみようと思いついた。
何か違う出会いがあるかもしれない。

しばらく歩くと、一本の栗の木がありました。
ミズイロオナガシジミがいます。
ミズイロオナガシジミ

オオミドリシジミはクヌギやコナラがメインですが、
そういえば、栗の木に来ることもあるって本に書いてあったなーと思い出し、よーく探索してみると・・・
あれま、いるじゃありませんか!
目の前の葉の裏で蜜を吸っております。
オオミドリシジミ

だいぶ色も褪せ、翅も傷ついておりますが、これは大チャンス!としばらく観察することに。
オオミドリシジミ

30分ほど観察していると、強風に煽られ飛び立ってしまいました。
あー、行ってしまう・・・と思ったら、側の葉に止まり、翅を広げてくれたのです!
オオミドリシジミ

だいぶ鱗粉が禿げてしまっていましたが、オスです!
オオミドリシジミ

とりあえずですが、念願のオオミドリシジミと出会うことができました。

わずか10数秒で再び栗の木に戻って行ったので、再度のチャンスを願って待機することに。
しかしこの後、自然界のドラマを目撃することになりました。
食事中のオオミドリシジミさんの動きが止まりました。
ありえない様な格好で翅を半開きにしています。
枝を手繰り寄せ、確認してみると、蜘蛛に襲われています!
あー、死んじゃうと救済しましたが、時既に遅しで、文字通り虫の息です。
なんとか復活して欲しいと応援しましたが、10数分後に全く動かなくなり、死んでしまいました。
自然の摂理とはいえ、探していたチョウが目の前で餌食になってしまうとは・・・思ってもいませんでした。
これも弱肉強食の世界に生きている昆虫たちの宿命。
改めて命がけで生きている昆虫たちの生き様を思い知らされました。

更に撮影できなかったことは残念でしかたありませんが、蜘蛛も生きていいくのに必死。
仕方ありませんね。
また探しに来ることにします。

追記Open↓


先日書いたハトの件ですが、昨日帰って見てみると、ヒナがいません。
巣立ったようです!
巣を壊し掃除して、撃退グッスを置くことにします。
買いに行かなくちゃ。
しかし、今朝からハトがベランダをウロウロしています。
これは厳しい戦いになりそうだ・・・^^;

追記Close↑

10:08 シジミチョウ科(ゼフィルス) | (0) | (18)  |   | 


COMMENT

どちらも命懸け  ヒメオオ
オオミドリシジミも蜘蛛もどちらも命懸けなので壮絶
な戦いとなりますね!
2コマ目の翅の少しの隙間から見えるメタリックブルー
が綺麗です。
オオミドリ  ホタル
こんばんは。
おそらく私が撮った場所と同じ所だと思いますが、
一週間の差でこんな翅になってしまうのですね。
オス同士で、盛んに卍飛翔を繰り返しているからだと思います。
そろそろ平地性のゼフィルスは終わりですが、
これからは山地性のゼフィルスの出番です。
まだまだ楽しめますよ。
  june
美しい翅も、こんなになっちゃうんですねー
でも、大きな瞳がかわいくて、素敵な姿^^
せっかく見つけたオオミドリシジミ。
クモの餌食とは自然は厳しいですね(><)
  Kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんはです!
蜘蛛にやられたオオミドリシジミも哀れですが・・
いずれ蜘蛛も何かにやられるかもですね・・
クリの花は近所ではもうオシマイ・・
まだ残っている別の場所でも探ってますが・・
ゼフのゼも無し・・・こちらでは3種止まりなのかも・・
ポチッ!
  美由紀
弱肉強食、自然界の生き物たちにとって
この世に生を受けてから ずっと戦い続けなければならない
厳しい掟ですね。
生きていくためと言えども、目の前で餌食になってしまったのを目撃したのはショックでしたね。

綺麗なオオミドリシジミに また出会えると良いですね。
  はまぴー
弱肉強食・・・
自然界の絶対的な法則ですね。
普遍的でもありますね。
悲しいことではありますが、仕方のないことなのでしょう。
生きた証をうっすさんに写して貰って、最期を看取ってもらって、きっと感謝していると思います。
  umajin
こんにちは!
これが噂の・・・ですね。
開翅を待っていたら、クモに襲われていたなんて
ある意味、凄い偶然です!
私も、同じような事に遭遇していたら救済していたと思います。
が、それが一般種のシジミだったら?と考えると
そのドラマを撮影していたのかもしれません・・・。
ホントは差別もいけませんけどね(汗)
最近、天気も悪くて(梅雨だから仕方ないですが)
何を撮ろうか?目当てが見つかりません。

ハト、とりあえず良かったですね!
後は、これから寄り付かないようにしないとですね(^^)
ヒメオオさん  Tigerうっす
こんばんは~。
弱肉強食が生物の定めとは知りつつも、目の当たりにするとショックですね。
ましてや、探していた昆虫だとショックも倍増です。
まぁ、これは私のエゴですね^^;
生き物の生存競争には相手がどんな相手とか関係ないですしね。

ホタルさん  Tigerうっす
こんばんは~。
たぶん、同じフィールドですね。
ホタルさんは雑木林内でしょうか?
私はちょっと離れた場所なんですよ。
翅の色あせ具合や痛み方からみて、初期に生まれた個体だと思うんですけど、
最後にはこんなにも鱗粉が剥がれてしまうものなのですね。
そろそろ平地性のゼフィルスは終盤ですね。
あっという間でした。
今年はなんとか成果を上げましたが、心残りもあります。
来年の課題ってことで。
juneさん  Tigerうっす
こんばんは~。
生まれたての翅表は、綺麗なメタリックブルーなんですよ。
人気の軍配はミドリシジミに上がるかもしれませんが。
綺麗な翅表を見るには、少し時期が遅かったようです。
しかし、せっかく見つけたのに蜘蛛にやられてしまうとは・・・
蜘蛛も必死ですし、仕方ありませんね。
コメントを閉じる▲

ミドリシジミ 

2013年06月09日 ()
ミドリシジミを探すべく、埼玉県の公園へ出かけた。
ミドリシジミは早朝の気温が上る前に下草に降り立ち、翅を開くという。
6時台にポイントに到着するのが理想だが、電車バスを乗り継いで行くと最速でも到着は7時過ぎてしまう。
遅いかと思ったが、存在の確認だけでも出来ればいいか。
運が良ければ、気まぐれな奴がいるかもしれない(笑)

7時過ぎにポイントへ到着すると、数名のカメラマンが探索していた。
これはまだチャンスがあるかもしれない。

丹念に探索していると、おー、いるじゃん。
ミドリシジミ

あっ!あそこにもいる!
ミドリシジミ オス

翅を開き始めた!オスだ!
半開きから全開を期待してカメラを構えますが、飛んでいってしまいました(T_T)
ミドリシジミ オス

次に出会ったのがメス。B型?
7D_64749_edited-1_800px.jpg

別のポイントへ移動すると、木の上から数頭舞い降りてきた。
オスもいる!こんどこそ!
ミドリシジミ オス

おー、コバルトグリーンだ!
ミドリシジミ オス

後翅の光が弱いな。個体差?
あ~、でも、綺麗だな^^
ミドリシジミ オス

なんとか、念願のミドリシジミを撮影することができました^^

この後、何度かチャンスが有りましたが、
翅を開く前に飛んでいってしまったり、接近する前に飛んでいってしまったりと、
撮影には至らなかった・・・(´・ω・`)
結局9時ころまで粘りましたが、気温の上昇とともに下には降りてこなくなってしまったので、
オスで撮影できたのはこの個体のみ。
課題は残っているので、リベンジするぞ!
木の上にかなりの数が飛んでいるのが確認できたので、また行けばチャンスは有るでしょう。

おまけ
この日、この地で出会った別のゼフィルスは、このミズイロオナガシジミ一頭のみ。
先週別の地で見たアカシジミ、ウラナミアカシジミの乱舞は局地的で、この地では少ないようです。
ミズイロオナガシジミ

14:56 シジミチョウ科(ゼフィルス) | (0) | (16)  |   | 


COMMENT

おめでとうございます!  ホタル
こんにちは。
念願のミドリシジミ開翅写真、撮影おめでとうございます。
翅の擦れていない綺麗な個体ですね。
ミドリシジミは、他の種類も皆同じなのですが、正面の方から撮らないと、後翅は輝きません。次の機会にぜひ挑戦してください。

15日は、山梨へ行く予定でしたが、昨日ヒオドシチョウを、今日オオミドリシジミを撮影できましたので、取りやめに致しました。
  june
見事な色ですね。驚きました^^
念願叶ってよかったですね〜
コバルトグリーンの翅の美しさ、虜になりそうです。
リベンジできるといいですね^^
ホタルさん  Tigerうっす
こんばんは~。
なんとか、撮影することができました^^
今回は後方向からしか撮れなかったので、前方向から撮れなかったことに悔いが残っています。
後翅が光らないのはそういうことなのですね。
知りませんでした^^;
マクロ撮影も出来なかったので、再度チャレンジしたいと思います。
個体は皆羽化したてのように綺麗でしたよ。
15日の件、承知致しました。
juneさん  Tigerうっす
こんばんは~。
このコバルトグリーンの翅を何度夢いた事か。
3年目の正直です(笑)
今回は行く前からなんか撮れそうな気がしていたんですよ。
まぁ、いつもそう思っても空振りも多いのですが(笑)
マクロ撮影できなかったこと、前方向から撮れなかったことに悔いが残ります。
次回、リベンジ致します。
  Kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんはです!
ミドリシジミ、やっぱり良いな〜
夢に出てきそうな色合い・・・素晴らしいですね!
電車バスを乗り継いで7時とは大変ですネ〜
私にはやっぱり無理か・・何処にいるかも判らんし(笑)
(先)ポチッ!
  はまぴー
なんて綺麗なんでしょう!!
人が作ったどんな芸術作品も、この美しさには敵いませんね。
大きな感動をありがとうございます^^
  椿の茶屋
こんばんはー。おお、これはミドリシジミ!ついにモノにされましたね。
いいないいなー。

一昨年・昨年の不振がうそのようですね。ともかく、おめでとうございます!
  umajin
こんにちは!
おー!しっかり撮れているではありませんか!
昨年は裏翅の撮影で済ませましたが
表翅の想像以上の美しさに私も撮ってみたくなりました(笑)
ご一緒できれば、6時代に現地に到着しましよう!
後は、お天気ですが・・・
  美由紀
名前にミドリとあるように、綺麗な色の持ち主さんですね。
コバルトグリーン、光に当たったら いっそう輝きを
ますのでしょう。
撮ってみたくなるチョウですね。

リベンジは いつ決行でしょうか?
マクロ撮影されたミドリシジミ、楽しみにしています。
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
美しいですねぇ^^
このコバルトグリーンの翅をどれだけ夢見たことか(笑)
撮影地は距離的にはそれほど遠くないのですが、行きづらいんですよ^^;
公園も広すぎて、バス停からポイントまでかなり歩くんです。
行くだけで疲れます(笑)
撮影するには、まずいる場所を探すのが大変ですね。
コメントを閉じる▲

ウラゴマダラシジミ 

2013年06月03日 ()
ゼフィルス探しに行った翌日の日曜日、朝起きてみると曇っていて気温も低め。
今日はどうしようかなぁと迷いつつ、とりあえずPCに前に座る。
前日に撮影した写真の現像処理を行なっていると、ホタルさんからメール着信。
トンボ探しのお誘いを頂いた。
出かけるか迷っていただけに、喜んでご一緒させていただくことにした。

最初に訪れた場所は、埼玉県の某所。
ここでの第一目的はとあるトンボ(次回公開)でしたが、前日に撮影できなかったウラゴマダラシジミの姿も探す。

遠くでキラリと光る蝶の翅を発見。
降り立ったところに行くと、一頭の白いシジミチョウが!
ウラゴマダラ!?
とりあえず逃がしてなるものかとシャッターを切る!
帰宅して確認すると、ルリシジミでした^^;
似てるんだもの (⌒▽⌒)アハハ!
ルリシジミ

その後もトンボを撮影しながら探索を続けると、側で自然探索をしていたグループから、
ウラゴマダラシジミがいますよ」と教えて頂いた。
おー、まさしくウラゴマダラシジミだ!
ウラゴマダラシジミ

横方向からそーっと接近。
ウラゴマダラシジミ

翅を開き始めた!
前方から見ていたグループは「おー、綺麗!綺麗!」と歓喜を上げているが、
後方にいる私からはよく見えな~い(T_T)
ウラゴマダラシジミ

そーっと斜め前方に回りこみ、なんとか半開帳ではあるが撮影することができた。
メスかな?
ウラゴマダラシジミ

この後、翅を閉じたと思ったら、飛んでいってしまいました(T_T)
しかし、ずーっと振られ続けていたウラゴマダラシジミを見ることができただけでも、幸せですね。
これで、今シーズンのゼフィルスは4種目となりました。
このペースでミドリシジミもゲットしたいものだ。

さて、この地でもアカシジミ、ウラナミアカシジミが大発生していた。
全国規模なのかな。
21:58 シジミチョウ科(ゼフィルス) | (0) | (18)  |   | 


COMMENT

  Kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんはです!
ウラゴマダラシジミ・・・いいな〜
ウチで見られるのは多分アップした3種だけ・・
まあ歩いて行ける近場ですしね〜変わったのを見たけりゃ遠征しろってことかな (笑)
ラストはメスですね・・・それにしても翅裏は遠目ですと見間違えますね(笑)
ポチッ!
  美由紀
翅が全開でないだけに 余計に見たいという衝動に
駆られます。
これはぜひ うっすさんに全開写真を撮ってきてもらわねば。
きっとすごく綺麗でしょうね。
  はまぴー
翅の一部が紫なんですね!!
確かに、歓声が上がるくらい美しいですね。
みんなそれぞれにアピールの手段を持っていますね^^
ウラゴマダラちゃん  かえで☆
この子も初見ですわ!
ルリシジミに間違えそうです。
表翅の美しいこと。
・:*:・(*´ー`*人)。・:*:・
  あき
うっすさん、こんにちは^^
ルリシジミ、可愛いですね。
大好きな蝶です。
好きでもウラゴマダラシジミとの区別はよくわかりません。

シジミとつく蝶、どの子も目が可愛いですよね(*^_^*)
綺麗綺麗と声が聞こえても後方でよく見えずに残念でしたね。
たくさんの人がいたのに逃げずに良い子たちです^^
  june
いろんなシジミちゃんに出会えましたね〜^^
このコも素敵。
表翅がいい色〜♪紫色が輝いてますね。
これは広げてくれたら歓声もあがりますよね^^
  umajin
こんにちは!
前日に撮り損ねたウラゴマダラシジミのリベンジ成功ですね(^^)
いるのに撮れないのは悔しいですからね!
しかし、こうして比べると違いますが、
フィールドで見かけたときは、「これ、そう?」みたいな(笑)
さて、ミドリシジミはどうでしょうか(^^)
  moko♡
こんにちは^^
ウラゴマダラシジミ、良いですね~^^
ゼフ撮影も順調なようで(*^o^*)次はミドリも頑張ってくださいね
今年はミドリも早いようですね
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
私の住む場所から近いところなんか、何もいませんよ(笑)
ゼフィルス求めて、棲息する場所に出かけております。
と言っても、そんなに遠くないんですよ。
片道2時間圏内です。
遠いかな(笑)
美由紀さん  Tigerうっす
こんばんは~。
確かに不完全燃焼ですよね。
もっと前に回り込みたかったのですが、逃げられてしまいました。
なかなか会えないんですよー、この蝶には。
気を長くして、お待ちください(笑)
コメントを閉じる▲

ミズイロオナガシジミ 

2013年06月02日 ()
先週、アカシジミ、ウラナミアカシジミ、カミキリムシを撮影した場所に再び出向いた。
今度はumajinさんご一家と一緒の探索です。

今回の狙いは、マクロレンズでアカシジミ、ウラナミアカシジミ、カミキリムシを綺麗に撮り直すこと。
そして、今シーズンまだ未撮影の早期のゼフィルスを撮影すること。

現地に到着すると、アカシジミ、ウラナミアカシジミは大発生していた。
フィールドを歩いていると、両者の飛んでいる姿が常に眼に入るほどだ。
昨年必死になって探し回っていたのが嘘のようです。
撮影していて、お腹いっぱいになってしまいました^^;

そんな中、今シーズン未撮影のミズイロオナガシジミを探す。
アカシジミ程ではないが、順調に発生しているようで、可愛い姿を見ることができた^^

最初の1頭目はumajinさんのお嬢さんが見つけてくれました^^
ミズイロオナガシジミ

ミズイロオナガシジミ

その後も、数は少ないですが、所々で姿を見ることができました。
ミズイロオナガシジミ

ミズイロオナガシジミ

ミズイロオナガシジミ

ミズイロオナガシジミ

ウラゴマダラシジミの姿も探し求めましたが、1頭見かけたのみで、この地では撮影には至らなかった。
ミドリシジミも気の早い奴はすでに発生しているうようです。
しかし、今年のアカシジミの大発生は凄い!当たり年のようです。
この波でミドリシジミも大発生とはならないでしょうか?(笑)

今回の狙いであるカミキリムシの撮り直しについては、伐採木が撤去されておりました _| ̄|◯
umajinさん、ごめんなさい。

20:09 シジミチョウ科(ゼフィルス) | (0) | (14)  |   | 


COMMENT

ミズイロオナガシジミ可愛いね  ヒメオオ
森のゼフ「ミズイロオナガシジミ」は
今がピークですね!
埼玉県南部の広い林で複数頭観察出来
ました。
  美由紀
ミズイロオナガシジミ、可愛いチョウですね。
ミズイロと名がついていても主張しすぎないミズイロで
良いですね。

ミドリシジミも当たり年だと良いですね。
気温が影響するのでしょうか?
  Kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんはです!
アカはウチでも昨年から大発生ですが、ウラナミアカはやっと3〜4頭・・
ミズイロオナガに至っては探し出すのも一苦労です(笑)
それにしても止まってるのがクヌギやコナラでなく全て野草とは・・(笑)
それだけ数が多いのかな・・
ポチッ!
  はまぴー
シジミチョウの仲間は、どれも美形揃いですね!!
このチョウも美しいです。
深川あたりの粋な芸者さんが脳裏に浮かびました^^
  椿の茶屋
こんにちはー。アカシジミ大発生ですかー、いいないいなー(笑)
ウラゴマダラは残念でしたね。次はミドリシジミゲットですか?
吉報お待ちしております(^^)
  umajin
こんにちは!
早速アップですね(^^)
私はまだ、裏高尾ですよ~
最近、撮影できる虫も増えてきて、アップするのが追いつきません(汗)
一昨日は、家族4人でお付き合い頂きありがとうございました。
娘は牛歩なので、連れて行くと思うように進めないんですよ(汗)
ご迷惑お掛けしたかもしれませんm(__)m
ミズイロオナガに出遭えてよかったですね!
暑い日でお疲れ様でした~
  あき
うっすさん、こんにちは^^
アカシジミ、ウラナミアカシジミ、お腹いっぱいになるほどいたんですね。
私もお腹いっぱいにしたいです(*^_^*)

ミズイロオナガシジミさん、可愛いですね。
お目々が何とも言えず愛らしい・・・^^



ヒメオオさん  Tigerうっす
こんばんは~。
ぜフォルスではおなじみさんのミズイロオナガシジミ。
ミドリシジミのような艶やかさはないですが、さりげない可愛さが好きなのです。
この蝶を撮影せずに、ゼフィルスシーズンは始まりません。
この子も順調に発生しているようですね。
美由紀さん  Tigerうっす
こんばんは~。
ミズイロと言いつつも、それほど水色ではないですね。
派手な存在ではないですが、可愛いので大好きな蝶なのです。
アカシジミは大発生ですが、ミドリシジミはどうでしょうねぇ。
発生の大小はサイクルがあるようですが、何が影響しているのか、さっぱり分かりません^^;
もちろん気温も影響するでしょうね。
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
私が探索した場所では、アカシジミもウラゴマダラシジミも大発生です。
ミズイロオナガシジミは大発生とは行かなくても、やはり多めの発生状況の様です。
クヌギやコナラを探さずとも、下草に止まっている姿を何度も確認できました。
コメントを閉じる▲

TOP | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。