TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
--:-- スポンサー広告 | (-)(-) | 


掲載 昆虫網蜻蛉目種類別リスト 

2013年09月16日 ()
当BLOGで掲載している昆虫網蜻蛉目の一覧です。

2013年9月16日現在 54種
亜目
昆虫網
蜻蛉目
均翅亜目(イトトンボ亜目) アオイトトンボ科  アオイトトンボ属 アオイトトンボ
オオアオイトトンボ
オツネントンボ属 オツネントンボ
ホソミオツネントンボ属 ホソミオツネントンボ
イトトンボ科 アオモンイトトンボ属 アオモンイトトンボ
アジアイトトンボ
エゾイトトンボ属 オゼイトトンボ
カラカネイトトンボ属 カラカネイトトンボ
キイトトンボ族 キイトトンボ
ベニイトトンボ
クロイトトンボ属 クロイトトンボ
カワトンボ科 アオハダトンボ属 ハグロトンボ
ミヤマカワトンボ
カワトンボ属 アサヒナカワトンボ
ニホンカワトンボ
モノサシトンボ科 モノサシトンボ属 モノサシトンボ
不均翅亜目(トンボ亜目) エゾトンボ科 エゾトンボ属 タカネトンボ
トラフトンボ属 トラフトンボ
オニヤンマ科 オニヤンマ属 オニヤンマ
サナエトンボ科 アジアサナエ属 ヤマサナエ
ウチワヤンマ属 ウチワヤンマ
オジロサナエ属 オジロサナエ
オナガサナエ属 オナガサナエ
コオニヤンマ属 コオニヤンマ
コサナエ属 コサナエ
ヒメサナエ属 ヒメサナエ
トンボ科 アカネ属 アキアカネ
キトンボ
コノシメトンボ
ナツアカネ
ネキトンボ
ノシメトンボ
ヒメアカネ
マイコアカネ
マユタテアカネ
ミヤマアカネ
ムツアカネ
リスアカネ
ウスバキトンボ属 ウスバキトンボ
カオジロトンボ属 カオジロトンボ
コシアキトンボ属 コシアキトンボ
コフキトンボ属 コフキトンボ
シオカラトンボ属 オオシオカラトンボ
シオカラトンボ
ショウジョウトンボ属 ショウジョウトンボ
チョウトンボ属 チョウトンボ
ハッチョウトンボ属 ハッチョウトンボ
ヨツボシトンボ属 ヨツボシトンボ
ムカシヤンマ科 ムカシヤンマ属 ムカシヤンマ
ヤンマ科 ギンヤンマ属 ギンヤンマ
クロスジギンヤンマ
トビイロヤンマ属 マルタンヤンマ
ヤブヤンマ属 ヤブヤンマ
ルリボシヤンマ属 ルリボシヤンマ

随時更新していきます。

分類については、様々なサイト、書籍を参考にしておりますが、不明点もあり、また間違いがあるかもしれません。
ご指摘いただければ、幸いです。


スポンサーサイト
[タグ未指定]
13:21 トンボ | (0) | (0)  |   | 


ルリボシヤンマ 

2013年09月04日 ()
ヤマキチョウのポイントを後にして、ルリボシヤンマのポイントへと向かった。
ルリボシヤンマは初挑戦のトンボ。
山地の湿地や高い標高の池沼などに生息しており、
今シーズン遠征した先でも色んな場所で見ることができたが、撮影には至っていなかった。
今年、何としても撮りたいと思っていたが、教えていただいていた他のポイントは行くにはちょっと面倒臭い距離。
重い腰が上がらずにおりました。

ポイントに到着すると、広い湿地帯にたくさんのオスが飛んでいます!
ここはルリボシヤンマの多産地のようだ。
一頭のオスが数十メートルを縄張りとして、あちこちで専有行動をとっていた。

人をあまり恐れる様子もなく、ごく近い場所で比較的長いホバリングをするので、
撮影意欲がかなり刺激された(笑)

ルリボシヤンマ

ルリボシヤンマ

ルリボシヤンマ

ルリボシヤンマ

ルリボシヤンマ

ルリボシヤンマ

湿地帯の中の木道を歩いていると、湿地の中でバタバタと音がする。
クモに襲われ、頭部から胸部まで糸でがんじがらめにされ身動きが取れなくなったオスが暴れていた。
ホタルさんが救済し、私が糸を取ってあげることに。
糸を取っている時、顔に指を近づけすぎて、ガブリと噛まれましたけど(笑)
これを機会に、離す前にアップの写真を撮らせてもらおう。

ルリボシヤンマ

ルリボシヤンマ

まだ糸が若干残っていますが、これくらいなら自力でなんとかなるでしょう。
手を離したら、元気よく飛び去って行きました。

近似種にオオルリボシヤンマがいます。
こちらも近々撮影したいと思っております。

1~6枚目:EOS 7D + EF70-300mm F4-5.6L IS USM
7~8枚目;EOS 7D + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM

(撮影:静岡県富士宮市 2013.9.1)


[サイト内タグ検索] ルリボシヤンマ ヤンマ科
22:03 ヤンマ科 | (0) | (12)  |   | 


COMMENT

  Kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんはです!
先ほど、ママさんのところでも見せてもらいましたが・・
ルリボシの飛翔シーン、見事ですね〜
ラスト2枚のドアップ・・こういう機会じゃないと撮れませんね〜
それにしても救出しているのにガブリとは・・(笑)
ポチッ!
  美由紀
最近よくトンボを見かけます。
どれがどれだか、あの早さではさっぱりわかりませんが、
うっすさんのブログと出会ってから 昆虫たちにも
目が行くようになりました。
これからもこのブログで いろいろ覚えさせていただこうと
思っています。

今日のトンボさん、男の子らしい顔していますね。
風をきって飛んでいる姿も格好良いです。
  はまぴー
救済してもらって感謝してますよ!!
トンボの恩返しは近撮ですね。
眼が綺麗です。
早く飛ぶ為の無駄のないフォルム。
トンボってカッコイイですね^^
  umajin
おはようございます!
これがルリボシヤンマですね!
この手もじっくり撮影したいですが、ヤンマの類は止まらないですよね~
早朝とかは葉などで止まって休んでいるのでしょうか?
そんな時があったら狙ってみたいです(^^)
  あき
うっすさん、こんにちは^^
トンボを見かけることが多くなりました。
種類の区別はつきませんが、飛び回る姿に秋を感じます。
飛翔シーン、カッコイイですね。
背中に乗せてもらって一緒に飛びたくなります。

救済してもらい本当に良かったですね。

kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
ママさんのお写真はオオルリボシヤンマでしたね。
あの場所もオスメスそろい踏みで凄そうですね!
行ってみたい(笑)
救出していると言っても、トンボにとっては捕まえられているのは恐怖だと思います。
噛みつかれるのはしょうがないですね(笑)
それだけ元気だということですね。
美由紀さん  Tigerうっす
こんばんは~。
まだまだ暑いですが、暦上は秋。
アキアカネも山から降りてきて、赤とんぼが目立つようになりましたね。
夏のオニヤンマなどはそろそろ終わりですが、
ヤンマと名のつくトンボの中にはまだチャンスがある種類もいます。
チョウはもうそろそろ終わりですが、トンボはまだまだ狙います。
トンボの飛んでいる姿はかっこいいですね^^
見ると、写欲がふつふつと湧いてきます。
はまぴーさん  Tigerうっす
こんばんは~。
傘地蔵の様にはいかないでしょうが(笑)、
救済したトンボに少しは感謝されたでしょうか(笑)
トンボは飛ぶことに特化した昆虫。
やはり飛んでいる姿は美しいです。
umajinさん  Tigerうっす
こんばんは~。
はい、これが念願のルリボシヤンマです。
ヤンマの類はなかなか止まりませんが、
このトンボは結構長くホバリングしているので、
飛翔写真が撮りやすいですよ。
umajinさんは70-200をお持ちでしたよね。
それでばっちり撮れると思いますよ~
あきさん  Tigerうっす
こんばんは~。
暦上は秋になって、赤とんぼが目立つようになりましたね。
赤とんぼの印象が強いせいか、一般的にトンボの季節は秋となっているようですが、
実は5~10月頃まで種類を変えながらいるんですよ。
このルリボシは6~10月がシーズンです。
トンボは飛ぶことに特化した昆虫。
飛んでいる姿はかっこいいです^^
背中に乗ることができたら、楽しそうですね^^
コメントを閉じる▲

マルタンヤンマ 

2013年08月23日 ()
気がつけば、8/16で当BLOGは4周年を迎えておりました。
途中、挫けたり、サボったりしましたが、
なんとか続けているのも皆様の温かいコメントのおかげだと思っております。
今後共よろしくお願い致します。

さて、日付が少し戻ります。
短い夏休みの2日目、今年もマルタンヤンマを探しに行きました。
マルタンヤンマを探すには茹だるような暑い日が理想なのですが、
ポイントに到着すると、思ったより暑くない・・・
案の定、見つかりません。
フィールドで同じようにマルタン探索している方々も「今日はダメだなぁ」と呟いています。
やっとのことで、メス一頭を発見。

マルタンヤンマ メス

せっかくだからじっくり撮らしてもらおうと思っていた矢先、逃げてしまいました><
この後、ポイントを2周して探しましたが、結局収穫なし。
諦めて帰りました。

そして翌日の夏休み最終日。
家でまったりするつもりでしたが、外の様子を見てみると気温など前日より条件がよさそうです。
いそいそとカメラの準備をしてフィールドへ。
何かを撮影しているカメラマンがいます!
マルタンヤンマのオスです!

被写体までの距離約3m。ちょっと遠い・・・
マルタンヤンマ オス

日差しが移動して、日光がマルタンに当たってくると、顔を脚でいじり始めました。
「暑いよ~」って言っているかのようです。
移動しちゃうかも・・・
マルタンヤンマ オス

撮影していると、メスもいたよ~という情報が。
オスはこれ以上の写真は撮れそうもないので、そちらに移動。
翅がボロボロのメスがおりました。
マルタンヤンマ メス

再びオスの方に移動しましたが、もういません。
直射日光の暑さに耐え切れず、移動してしまったようです。

何はともかく、今年もマルタンヤンマに会えました^^
7月に暑い日が何日かありましたが、その時に大量に目撃されたらしいです。
う~、悔しい><

マルタンヤンマは黄昏時間帯に行動します。
同じような習性を持つヤブヤンマ、ネアカヨシヤンマを含めて黄昏御三家などと呼ばれています。
ヤブヤンマは昨年撮影していますが、ネアカヨシヤンマは未だ撮影には至らず。
今年こそはと思っていましたが、もう無理かな・・・
[サイト内タグ検索] マルタンヤンマ ヤンマ科
22:50 ヤンマ科 | (0) | (20)  |   | 


COMMENT

マルタンヤンマ  かえで☆
黄昏御三家と呼ばれるヤンマがいるんですか~?
面白いですね~それは~(≧m≦)ぷっ

Tigerうっすさんの所で、複眼の美しいとんぼを
沢山見せて頂いて…目を瞠りました。
トンボ撮影に嵌っている方の理解が出来ました~♪
宝石の様な目のヤンマを何時か撮ってみたいです。

 
管理人のみ閲覧できます  -
  june
オスとメスで色が違うのですね。
ブルーのオスはもちろん綺麗ですが、メスもいいですね〜
御三家、会えるといいですね。

それはそうと、ブログ4周年ですか。
おめでとうございます。
これからもたくさんの昆虫や、鳥の写真を見せて下さいね^^
  はまぴー
4周年、おめでとうございますv-314
今後とも、宜しくお願い致します。

夏休み最終日に出かけた甲斐がありましたね!!
写真の神様からのご褒美でしょう。
美しいブルーの眼ですね。
トンボのメガネは水色メガネ。。。
歌通りですね^^
  umajin
こんにちは!
おおー!この前のマルタンヤンマですね!
いいなー(笑)
今年は、行くチャンスが無くてもう無理かな~と思っておりますorz
確かに7月は暑い日が続きました。
その時がチャンスだったのですね!
マルタンヤンマがたくさんって凄い(笑)
見つけたら色んな角度で撮っておきたいですから
数頭いないと難しいでしょうね・・・。
  -
ブログ開設4周年、おめでとうございます。

おかげさまでチョウやトンボを初めとする
様々な昆虫を美しい写真で見せていただき
世界が広がりました。
意識するようになると 名古屋でも様々な昆虫との
出会いがあります。
「あっ、この子見たことある~!」って事も多くなりました。
ただ、名前までは浮かばないのですが…。

オスのブルーアイがとても素敵ですね。
この吸い込まれるようなブルーアイを見るだけでも
十分に価値がありますね。

黄昏御三家というネーミングがナイスです。
これはもう御三家すべて 見せていただくしかないでしょう。
うっすさん、お願いしますね。
  椿の茶屋
こんにちはー。おおっ、4周年おめでとうございます!ブログを
長く続けるのは、マラソンみたいな感じがします。途中いろいろ
あっても、続けているといいことがあったりして(^^)

わたしは撮ったことがないのですけど、うっすさんのお写真に
写っているオスの青い目に毎年目を奪われます。またこの子の
季節になったのですねぇ、そろそろ夏も終わりです。

  Kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんはです!
いわゆるヤンマ科の中で知っているのはギンとクロスジギンヤンマぐらい・・
色の綺麗なその殆どは未だ見ずデス!
2.3枚目のマルタン・オスの美しさは目を見張りますね〜
田舎でも出逢うのはオニヤンマぐらい・・(笑)
黄昏時・・いつか機会があれば探して見ようかと・・
ポチッ!
かえでさん  Tigerうっす
おはようございます~。
早朝や黄昏時の気温が低い時に飛び回るので、黄昏系、黄昏御三家なんて呼ばれているようです。
トンボは飛ぶことに特化した昆虫。
姿形がかっこいいですね。
また、鮮やかな色を持つ種類も多いので、とても魅力的です。
空飛ぶ宝石と呼ばれるトンボ、かえでさんも探してみてくださいね。
鍵コメさん  Tigerうっす
おはようございます~。
ありがとうございます。
あまり気合を入れ過ぎると息切れして疲れちゃうので、
これからもマイペースな更新になると思いますが、よろしくお願い致します。

そうでしたか~。
やはりあそこに行ったら、マルタンは探しますよね。
仰るとおり、昆虫採集親子の姿は見かけますね。
大人で乱獲する輩に比べたら可愛いものなので、仕方ないと思っていますが、
種類もわからずに希少種に手を出されてしまったら、悲しいですね。
今後も無事に繁殖してくれるといいのですけど。
コメントを閉じる▲

チョウトンボ 

2013年07月09日 ()
キイトトンボの次は、チョウトンボのポイントへと向かった。

到着すると、様々な種類のトンボが縄張り争いに忙しそうだ。
シオカラトンボ、ショウジョウトンボ、コシアキトンボ、チョウトンボ、ギンヤンマ、ウチワヤンマ・・・

狙いのチョウトンボも数頭がバトルに余念がなく、全然止まらない。
やっとのことで、ハスの蕾に止まりに来る個体を発見。
チョウトンボ

チョウトンボ

チョウトンボ

チョウトンボ

次に飛翔写真をとチャレンジするが、これまた一筋縄ではいかない。
ほとんどホバリングをせず、また急転回して方向を変えてしまう。
ファインダーに捉えること自体がとても難しい。
なんとか撮れたのが、次の2枚のみ^^;
チョウトンボ

チョウトンボ

もっと挑戦したかったが、池からの照り返しが強く、暑さに我慢できずに退散><
トンボ撮影は、暑さとの戦いでもありました。
う~ん、不完全燃焼(笑)

[サイト内タグ検索] チョウトンボ トンボ科
22:57 トンボ科 | (0) | (10)  |   | 


COMMENT

  Kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんはです!
チョウトンボ、ハスの蕾とはいい処に来てくてましたね〜
ウチの方ではまだ見かけず・・
このまま見れなければ遠征でもしないとです(笑)
飛翔写真、凄いのが撮れてますね・・・
特に#5・・見事なもんです!!
ポチッ!
  はまぴー
お見事です!!
本当に美しい蝶ですね。
トンボの動きは速いので、これだけ撮れれば、いうことなしですよ。
素晴らしいです^^
  june
飛翔シーン、お見事ですね〜
羽の色も美しさがよく出ていて、すてき^^
トンボって撮ろうとするとけっこうせわしなく動き回って
飛んでるところなんて、わたしにはとても無理ですw
つぼみにとまった姿はとても絵になりますね。
  puntamama
こんばんは ^^
トンボ撮影は暑さとの闘いでもありますね
ご苦労さまでした!

ハスの花とチョウトンボ、特にトップが素敵です
My Field では睡蓮が咲いてるのに、ヨシの枯れ枝ばかりに停まります ーー

飛翔もお見事!
この蝶々は見かけによらず、テリを張って攻撃性が強いので 
一瞬でバトルに飛び立つのでなかなか飛翔は捕えがたいと思います

明日の朝はトンボ!と思っているだけで グズグズ出かけられない自分を反省です ーー;
  美由紀
綺麗ですね!

玉虫色に輝く翅に 一目惚れです。

うっすさんの腕前もあるでしょうけど、
実に素晴らしいものを見せていただきました。

ありがとうございます。
  椿の茶屋
こんにちはー。

チョウトンボの翅って光を受けるときれいな青紫色を
反射するんですねぇ。美しいです。
  umajin
こんばんは!
ぼちぼちブログを再開しようと思います(汗)

チョウトンボ、翅の傷みも無く綺麗な個体ですね!
昨年、やっと撮ったチョウトンボは翅が傷んでいたので
なんとか撮り直したいと思っているのですが・・・
止まらないので、中々撮影が難しいですがお見事です!

美しいですね~♪  かえで☆
チョウトンボの翅の輝きの美しいこと~★
飛翔写真の1枚目を拝見すると…
ピーターパンに登場するティンカー・ベルを
連想して、うっと~りしてしまいます。
・:*:・(*´ー`*人)。・:*:・
皆様へ  Tigerうっす
PCがしばらく使えず、御返事遅くなったこと、すみません^^;
チョウトンボはトンボの中でも異色な存在ですね。
翅の形状が特徴的なことはもちろんですが、とても美しく煌めきます。
光の方向や加減でその煌めきが変化するのでなかなか満足行く写真撮れません。
飛翔写真については、普通のトンボと同じ感覚では狙えません。
ほとんどホバリングはしませんし、ひらひらと方向を変えるのでファインダーに捉えることすら困難ですね^^;
何度挑戦しても玉砕の連続です(笑)
虹色に舞う  ヒメオオ
チョウトンボは翅の色の基調が「黒」なので
太陽光により虹色に煌めきとても綺麗ですね!
コメントを閉じる▲

キイトトンボ 

2013年07月07日 ()
梅雨明け宣言がされましたね。
梅雨入りが早かったので、梅雨明けも早いだろうと思ってはいましたが、こんな早いとは。
いやー、暑い・・・
フィールド歩きでも、頻繁に休憩を入れないと、体力が持ちません><
今日も里山を歩きましたが、3時間が限界でした^^;

さて、先日、ベニイトトンボの撮影をしてから同属のキイトトンボの姿を見たくなり、土曜日探しに出かけた。
私の記憶している第一ポイントでは池の水が引けていて確認できなかったが、
第二ポイントでは数体と出会うことができました。

腹部先端に黒い班があるのがオスです。
キイトトンボ オス

メスかな・・・
キイトトンボ メス

こちらもメスだと思うのですが・・・
キイトトンボ メス

顔面は迫力満点(笑)
キイトトンボ 顔

第三ポイントでは、連結カップルを見ることができた。
キイトトンボ 連結カップル

目が点になっていて、面白い(笑)
キイトトンボ 連結カップル

そして産卵。
キイトトンボ 産卵

1~4:Canon EOS 7D + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM
5~7:Canon EOS 7D + EF70-300mm F4-5.6L IS USM
[サイト内タグ検索] キイトトンボ イトトンボ科
21:04 イトトンボ科 | (0) | (12)  |   | 


COMMENT

  puntamama
こんばんは! 暑いですね~!
この週末は法事があったりして 家でだらしなく伸びていました ーー;
ロクに雨も降らないままで梅雨明け・・・
トンボの生息環境は厳しいものがありそうですね

連結から交尾までゲットされて暑さのなか頑張った甲斐がありましたね 
ハートマークも形良いし ^^
UPは少し怒っていて笑えました 
キイトトンボ、やっと私も見つけましたよ ^^
  Kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんはです!
いや〜、暑いですね(笑)
東京では初の真夏日とか・・でもウチの方では先月に経験してますよ(笑)
連結に産卵シーンも・・いいな〜2つ南の県の知ってるポイントなら見れるんですけど(笑)
前回アップの自宅近くのポイントはまだ出始めのころ・・また行ってみるかな!
  はまぴー
綺麗なトンボですね!!
金運がアップしそうです(笑)
連結シーン、ハートですね。
神々しいです。
正面からのアップ、最高ですね^^
  椿の茶屋
こんばんはー。きれいなキイトトンボが、こまかいところまで繊細に
写っていますね。これも新レンズの効果でしょうか(^^)
いよいよ梅雨明けですか。トンボは水が干上がって大変でしょうけど、
高原や高山のチョウなどはこれからのシーズン、面白そうですね。
マクロ  ホタル
こんばんは。
Canon EF70-300mm F4-5.6L IS USM 活躍していますね。
しかし、イトトンボクラスになると、やはりマクロがいいですね。純正を凌ぐ解像度だと思います。

新宿にもタヌキがいるのですね。
私は、昨日山梨県で、タヌキ、シカ、テン、そして何とクマに遭遇してしまいました。
puntamamaさん  Tigerうっす
こんばんは~。
いやー、暑いですね^^;
溶けてしまいそうです(笑)
今年も空梅雨気味でしたね。
トンボにどのように影響があるか、心配です。

キイトトンボ、思いの外数が多くて、安心しました。
運良く連結シーンまで見ることができました^^
ママさんも見つけたんですね。
公開楽しみにしています。
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
暑いですね~。
でも暑さはこれからが本番。参っちゃいますね^^;
自宅近くでこのトンボが見れるとは、羨ましい。
私の周辺ではアオモンくらいしか見れません。
いいポイント、ないですかねぇ。
はまぴーさん  Tigerうっす
こんばんは~。
成熟したオスはとても綺麗なレモンイエローですよ。
とても綺麗です。
大きさもそれなりにあるので、見つけやすいと思います。
イトトンボの交尾はハート型になるので、見ていて幸せな気分になりますね~。
椿の茶屋さん  Tigerうっす
こんばんは~。
大きく写っている写真は全てマクロレンズです。
新レンズでの撮影は連結シーンからです。
やはり小さい被写体はマクロレンズがいいですね。
新レンズは寄れないので、今回掲載の写真が限界です。
イトトンボにはキツイですね^^;
とうとう梅雨明けしました。
雨もあまり降らなかったし、トンボの生息が心配です。
高山蝶のシーズンでもありますね。
今年こそキベリタテハを!
ホタルさん  Tigerうっす
こんばんは~。
普通サイズのトンボなら新レンズでも行けそうですが、
イトトンボクラスとなると、キツイです^^;
まぁ、それは分かっていたことですが(笑)
このマクロレンズの解像度、とても気に入ってます。
重いのが辛いのですけど(笑)
なんと、クマに遭遇ですか!!
緊張が走りますね。
ご無事で何よりです。
コメントを閉じる▲

TOP | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。