TOP

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
--:-- スポンサー広告 | (-)(-) | 


ナナホシテントウ 

2011年05月06日 ()
お馴染みのナナホシテントウです。
てんとう虫のサンバの様に可愛いイメージのある存在ですが、
実際はアブラムシをむしゃむしゃ食べる肉食昆虫です。

今年はやたら姿を見ます。
当たり年なのかな。
ナナホシテントウ

ナナホシテントウ

ナナホシテントウ

これがナナホシテントウの幼虫。
幼虫は餌が少ないときは共食いをするそうな。
強い者が生き残るシステムなんですねぇ。
ナナホシテントウの幼虫

羽化したばかりのナナホシテントウを見つけました。
隣に抜け殻があります。
羽化直後は黄色いんです。
うっすらとナナホシの模様が見えますね。
羽化して数時間経つと羽が乾き、お馴染みの色に変化するそうです。
ナナホシテントウ 羽化したて
スポンサーサイト
[サイト内タグ検索] ナナホシテントウ テントウムシ科
21:50 テントウムシ | (0) | (14)  |   | 


COMMENT

  美由紀
アブラムシをムシャムシャですか?
テントウムシのサンバの可愛いイメージと全然違いますね。

幼虫は成虫と同じような黒とオレンジ色になっているけど、生まれたては黄色っぽいんですね。
どの写真も くっきり撮れていて(黒い部分なんて 黒光りしてる)うっすさんの写真は図鑑よりよっぽど勉強になります。

当たり年の割りには まだ一度もお目にかかっていません。名古屋はすくないのかな?
こんばんは  Toshi
今年最初の出会いは3月6日でした。
あれからちょくちょく見かけますが、鳥さん狙いのときはスルーしてました。
そろそろ虫さんモードに突入します。
5月に入って鳥さんより虫さんの方が撮影枚数が多くなりましたから。
  kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんは!
実はこちらでもテントウムシはあまり見かけないんですよ(笑)
まあ、チョウばかりに目が行ってますので見えてないだけかも知れませんが(笑)
幼虫や羽化したては初めて見ましたよ・・
かわいいイメージが肉食とは、イトトンボも同じですね(笑)
ポチッ!
  椿の茶屋
こんばんは~。いつ見てもかわいいですね、ナナホシ
テントウ。気分がすさんでいるときこの子を見ると、
優しさという感情を思い出す、そんな気がします。な
んてね(^^)
でも、そう、肉食なんですよね。畑を耕す人間にとっ
ては、アブラムシはウイルスを媒介して作物を病気に
する脅威の存在です。それを食べてくれるんですから
ホントにありがたいですよ(^^)
  はまぴー
テントウムシを見ると、
♪月曜元気よく、火曜カッコ良くいこうよ、・・・♪
という、アニメ「てんとう虫のうた」の主題歌を口ずさんでしまいます!!
無意識に。。。^^
  あき
こんばんは^^
ナナホシテントウさん可愛いですね。
生まれたときは黄色で、薄くナナホシの模様が見える姿は初めて見ました。
お写真綺麗ですね。
私もいつかこんな風に撮れる日がくるといいですが、
何せ修行が足りないもので(^^)
P☆

  ホタル
ナナホシテントウは、一番身近にいる虫ですが、写真に撮るのは結構難しいですね。小さいし、動き回るし、調べてみたら、私はこれまでにたったの1枚しか撮っていませんでした。
幼虫は、もっとアップで撮ると怪獣のようで面白いかもしれませんね。
いよいよ虫モード突入。色々な虫ワールドをご期待申し上げます。
美由紀さん  Tigerうっす
こんばんは~。
そう、アブラムシをムシャムシャなんです。
農作物に付くアブラムシを食べてくれるので、農家の強い味方なのです。
農薬の代わりにテントウムシを使っている農家もあるとか。
羽化したては黄色いなんて、びっくりですね。
最初見つけた時、キイロテントウかと思っちゃいました。
名古屋少ないですか?
草花をよく見ながら歩いていると、見つかるかも。
Toshiさん  Tigerうっす
こんばんは~。
3月の初めにもうテントウムシを見たんですか。
越冬組かもしれませんね。
夏鳥さんもそろそろ落ち着くころだし、
昆虫モードに突入ですねー。
私は既に切り替わっております(笑)
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
京都でも見かけないですかー。
こちらでは草花を見ながら歩いていると、そこらじゅうで見かけます。
たちかに蝶を狙って歩いていると、テントウムシは目につかないかもしれませんね。
幼虫の姿は知っていましたが、羽化直後が黄色いのは最近知りました。
キイロテントウと間違えちゃいそうですね。
トンボも肉食でしたねー。
コメントを閉じる▲

ナナホシテントウ 

2010年05月17日 ()
ナナホシテントウを見つけました。
赤い体に7つの黒紋を持つ、おなじみのテントウムシです。
かわいいイメージとは裏腹に、植物につくアブラムシを食べる肉食昆虫ですね。

写真にはアリさんも写ってます。
なぜこんなところにアリが?と思っていたら、アリとアブラムシの共生の話を思い出しました。
アリはアブラムシの出す甘い分泌物を求めて集まり、代わりにアブラムシを外敵から守るってやつです。
蜜の収集の為に、飼育さえしているとか。人間が乳牛を飼うのと一緒ね。
ナナホシテントウ

反対側に回ってみると、アブラムシいますね。
ナナホシテントウももう1頭います。
まさに三つ巴の戦いをしているところなのか!
ナナホシテントウ

一説によると、アリは、テントウムシからアブラムシを守るなんてことはなく、実際は無視しているらしいし、
あまり蜜を出さない種のアブラムシは捕食対象でもあるらしい。
ややこしい関係ね。

話が横に逸れましたね^^;
[サイト内タグ検索] ナナホシテントウ テントウムシ科
20:00 テントウムシ | (0) | (8)  |   | 


COMMENT

こんばんは  Toshi
共生というより家畜化してるかもしれませんね。
テントウムシに増えすぎたアブラムシを整理させてるかも。
ハキリアリは農耕生活をいとなみますし、アリって人間に一番近い昆虫かもしれませんね。
  美由紀
こんばんは、うっすさんの今日の題材があまりにもナイスタイミングだったので、驚いています。

蟻とアブラムシとナナホシテントウの三つ巴のこと、今日テレビで取り上げていたんですよ。たしか朝の9時半前後だったと思います。
こんな小さな虫たちの間にも弱肉強食の掟が存在しているですね。テントウムシなんて かわいいイメージで、とても肉食とは思えないのに。
  のび
ガッシガシ食いますよね、見てると。
カワイい見てくれとは裏腹に
食ってる姿はホントに獰猛な肉食獣ですよね。
そのギャップがまた愛おしかったりして・・・
  clemys
こういうミクロな攻防を時間を忘れて観察できてた子供の頃が懐かしい。。。

人間が推し量るよりもっと深い関係があるんでしょうね。きっと。
少しでも均衡が狂うと自然て成り立たないように出来てますからねー。
Toshiさん  Tigerうっす
こんばんは~。
ですねー。
共生というより、飼育、家畜のようですね。
ハキリアリは、キノコを栽培するんですよね。
そこまで進んでいるとは驚きです。
そのうちアリは文明を持ち始めるかもしれませんね。

美由紀さん  Tigerうっす
こんばんは~。
おー、テレビで放送されていましたか!
それはズバリのタイミングでしたね。
アリの世界はすごく統率の取れた社会を形成していますし、人間なんかかなわないかもしれません。
アブラムシにとって、テントウムシは恐怖の怪獣のような存在なんでしょうねぇ。
水玉だし、歌では可愛い存在なんですが、
決してサンバを踊るような性格ではないんでしょうねぇ(笑)
のびさん  Tigerうっす
こんばんは~。
かわいい見てくれとは裏腹に、哺乳類で言えば猛獣なんでしょうねぇ。
餌となるアブラムシの数が少ないときは、幼虫同士で共食いするとも言われていますし。
食に貪欲なんですねぇ。
でも、常にてっぺんに向かって移動して行く姿を見ると、やっぱり愛おしいかったりしますね。
clemysさん  Tigerうっす
こんばんは~。
子供の頃、テントウムシを見つけてはよく観察しましたっけ。
大人になると、そういう時間の使い方をしなくなるのは少々寂しいですね。
昆虫界のことは、あくまで人間の理解できる範囲でしか想像できませんから、
その想像を超えた関係はあるのでしょうねぇ。
自然界の成立は人間が考えるより、奥深いってことですね。
コメントを閉じる▲

TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。