TOP

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
--:-- スポンサー広告 | (-)(-) | 


オオハナアブの複眼 

2010年10月07日 ()
オオハナアブは普通に見られるハナアブの仲間です。
特筆すべきは、とても美しい模様の複眼を持っていること。
幾何学的な、近未来を思わせるデザインですね。
どんな理由があってこのような模様になったのか、不思議ですねぇ。

オオハナアブ オス

オオハナアブ オス

複眼がくっついているのがオス、離れているのがメスですので、↑はオスですね。
↓がメスです。

オオハナアブ 正面
スポンサーサイト
[サイト内タグ検索] オオハナアブ ハナアブ科
21:15 アブ | (0) | (12)  |   | 


COMMENT

こんばんは  Toshi
昆虫の目は特徴があって面白いですよね。
オオハナアブの目は確かに迷路のような模様が不思議です。
凄い効果があるんでしょうね、きっと。

下のホシゴイとゴイサギ、同じ鳥とは思えませんよね。
鳥見を始めた頃、ホシゴイとゴイサギは別の鳥だと思ってました(^^;)
  kameのフォトブック
うっすさん、こんばんは!
フジバカマにオオハナアブ、季節感イッパイの組み合わせ!
しかもオス、メス両方アップは凄いですね!
それにしても綺麗な模様ですね!
ポチ!
  tsubakinochaya
こんばんは~
なるほど、モアレ縞みたいなんじゃなくて、ほんとに
縞模様が浮いて出てるんですね、この虫。へぇぇ~
この縞模様にはどういう役目があるんでしょう。なん
だか見てて面白いですよ、これ!
  デイジー
うっすさん、おはようございます♪
幾何学模様が浮き出ているようですね~^-^
真っ黒いサングラスをかけているよう・・と常々思っていたんですが、
このような模様になっていたとは!
藤袴のお花に花アブさんって秋らしい組み合わせですね(*'ー'*)ふふっ♪
不思議な目  ホタル
オスは複眼がくっついていて、メスは離れているなんて、不可思議ですね。そんな虫は、他にはいないのではないでしょうか。
明日からの3連休は、土日の天気が思わしくないので、残念ですね。月曜日の晴れに期待して、栃木までトンボを撮りに行ってきます。
Toshiさん  Tigerうっす
こんばんは~。
種類によって、色んな特徴があるもんですね。
こんな複眼をもった昆虫は他にいないでしょうね。
どういう意味があるのか、知りたいですねぇ。

ゴイサギはコロニーを作りますが、
ゴイサギとホシゴイが同じ場所にいても、知らなければ同じ鳥とは思えませんよね。
近似種の野鳥と思ってしまうでしょうねぇ。
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
この花、フジバカマって言うんですね。
花の名前はホント疎くて^^;
秋の七草なんですねぇ。
メスは違う場所で撮影したのですが、両方撮影することができてラッキーでした。
この模様は明らかに意味を持ったデザインですよね。
不思議ですねぇ。
椿の茶屋さん  Tigerうっす
こんばんは~。
この様な模様を持つのは、オオハナアブだけだと思うのです。
不思議ですよね。
これは絶対に何か意味を持ったデザインだと思うのですが、
人間にはよく分かりませんね^^;
その昆虫の特徴を意識した撮影をすると、面白いですよね。
デイジーさん  Tigerうっす
こんばんは~。
どこか数学的なデザインですよね。
眼の機能的に絶対何か意味があると思うんですけど、何なのでしょうねぇ。
不思議です。
小さな昆虫もよーく見ると、生きていく為のそれぞれの特徴を持っているんですね。
この花、フジバカマって言うのですね。
花の名前は全然疎くて^^;
教えて頂き、ありがとうございます^^
ホタルさん  Tigerうっす
こんばんは~。
複眼の模様も不思議ですが、オスとメスの複眼の付き方が違うのも不思議ですね。
この様なオスとメスの違いは、私も知る限りではオオハナアブだけです。
昆虫は知れば知るほど、不思議でいっぱいですね。

私は明日は仕事なので2連休ですが、土日はお天気悪そうですね。
昆虫写真も追い込みをかけたいところですが、残念です。
月曜日のお天気に期待したいですね。
栃木ですかぁ。いっぱいトンボいそうですね。
私は何処に行こうかなぁ。

コメントを閉じる▲

不思議なオオハナアブの複眼 

2009年08月31日 ()
オオハナアブは花の蜜や花粉を餌としているハエの仲間です。
体は黄色と黒のツートンなので、一見するとハチ?って感じです。
注目すべきはこの複眼の模様。
まるで迷路や配線図のような美しい模様ですね。
どんな目的でこのような模様になったのか、自然って不思議ですねぇ。
彼らからはどんな風に見えてるのかな?

オオハナアブ 横

雌雄の判別は、大きな複眼が離れているか、くっついているかなのだそうです。
この個体の正面は・・・
オオハナアブ 正面

複眼が離れているので、メスだそうですよ。

にほんブログ村 写真ブログ ネイチャーフォトへ
にほんブログ村

[サイト内タグ検索] オオハナアブ ハナアブ科
20:55 アブ | (0) | (4)  |   | 


COMMENT

  jry24
Tigerうっすさん、こんばんは!
オオハナアブの複眼、ストライプ状に見えて近未来的な感じがします。一体どんな風に世界が見えているのでしょう・・・?こんな小さい虫たちに生きるためのいろいろな武器が備わっていて、あらためて自然はすごいなと感じました^^
一瞬、蜂かなって思いました。  soyokaze8
おはようございます。
一瞬蜂かなって思いました。
体のイメージが蜂に似ているので・・・。
でも、人間の目と違って複眼というのは
想像もつきませんが、見える範囲も広いのでしょうね。
色なんかは、どうなんでしょう?
カラーになっているのでしょうか?
それともモノトーン?
想像するのも楽しいです。
>jry24さん  Tigerうっす
jry24さん、こんばんは~。
オオハナアブの複眼はストライプの入った近未来的なヘルメットみたいですよね~。
トンボやハチ、ハエなど複眼の持ち主たちはどんな世界を見ているのか、想像もできませんよね。
こういう複雑な器官を持った動物たちにとってやはり必要不可欠なものには違いないので、
創造主(神様かな?)ってすごい!
>soyokaze8さん  Tigerうっす
soyokaze8さん、こんばんはー。
黄色と黒の毛皮のコートを着た、ずんぐりむっくりの姿を見るとハチに思えますよね。
複眼の意味は、広い範囲を一度に見ることができるとか、動体視力に優れているとか色々言われていますね。
テレビは1秒間に30コマの画像を送り出し、人間はそれを見ると残像で動画のように見えるっていうのはよく知られた事実ですが、
こうした複眼を持つ昆虫たちはその100倍の能力を持っていると言われているそうです。
人間の動作なんてスローモーション?
だからハエタタキを持って近づくと逃げられちゃうのねw
色の識別も人間とは違うんでしょうね。
不思議がいっぱいです。
コメントを閉じる▲

TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。