TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
--:-- スポンサー広告 | (-)(-) | 


チョウトンボ 

2013年07月09日 ()
キイトトンボの次は、チョウトンボのポイントへと向かった。

到着すると、様々な種類のトンボが縄張り争いに忙しそうだ。
シオカラトンボ、ショウジョウトンボ、コシアキトンボ、チョウトンボ、ギンヤンマ、ウチワヤンマ・・・

狙いのチョウトンボも数頭がバトルに余念がなく、全然止まらない。
やっとのことで、ハスの蕾に止まりに来る個体を発見。
チョウトンボ

チョウトンボ

チョウトンボ

チョウトンボ

次に飛翔写真をとチャレンジするが、これまた一筋縄ではいかない。
ほとんどホバリングをせず、また急転回して方向を変えてしまう。
ファインダーに捉えること自体がとても難しい。
なんとか撮れたのが、次の2枚のみ^^;
チョウトンボ

チョウトンボ

もっと挑戦したかったが、池からの照り返しが強く、暑さに我慢できずに退散><
トンボ撮影は、暑さとの戦いでもありました。
う~ん、不完全燃焼(笑)

スポンサーサイト
[サイト内タグ検索] チョウトンボ トンボ科
22:57 トンボ科 | (0) | (10)  |   | 


COMMENT

  Kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんはです!
チョウトンボ、ハスの蕾とはいい処に来てくてましたね〜
ウチの方ではまだ見かけず・・
このまま見れなければ遠征でもしないとです(笑)
飛翔写真、凄いのが撮れてますね・・・
特に#5・・見事なもんです!!
ポチッ!
  はまぴー
お見事です!!
本当に美しい蝶ですね。
トンボの動きは速いので、これだけ撮れれば、いうことなしですよ。
素晴らしいです^^
  june
飛翔シーン、お見事ですね〜
羽の色も美しさがよく出ていて、すてき^^
トンボって撮ろうとするとけっこうせわしなく動き回って
飛んでるところなんて、わたしにはとても無理ですw
つぼみにとまった姿はとても絵になりますね。
  puntamama
こんばんは ^^
トンボ撮影は暑さとの闘いでもありますね
ご苦労さまでした!

ハスの花とチョウトンボ、特にトップが素敵です
My Field では睡蓮が咲いてるのに、ヨシの枯れ枝ばかりに停まります ーー

飛翔もお見事!
この蝶々は見かけによらず、テリを張って攻撃性が強いので 
一瞬でバトルに飛び立つのでなかなか飛翔は捕えがたいと思います

明日の朝はトンボ!と思っているだけで グズグズ出かけられない自分を反省です ーー;
  美由紀
綺麗ですね!

玉虫色に輝く翅に 一目惚れです。

うっすさんの腕前もあるでしょうけど、
実に素晴らしいものを見せていただきました。

ありがとうございます。
  椿の茶屋
こんにちはー。

チョウトンボの翅って光を受けるときれいな青紫色を
反射するんですねぇ。美しいです。
  umajin
こんばんは!
ぼちぼちブログを再開しようと思います(汗)

チョウトンボ、翅の傷みも無く綺麗な個体ですね!
昨年、やっと撮ったチョウトンボは翅が傷んでいたので
なんとか撮り直したいと思っているのですが・・・
止まらないので、中々撮影が難しいですがお見事です!

美しいですね~♪  かえで☆
チョウトンボの翅の輝きの美しいこと~★
飛翔写真の1枚目を拝見すると…
ピーターパンに登場するティンカー・ベルを
連想して、うっと~りしてしまいます。
・:*:・(*´ー`*人)。・:*:・
皆様へ  Tigerうっす
PCがしばらく使えず、御返事遅くなったこと、すみません^^;
チョウトンボはトンボの中でも異色な存在ですね。
翅の形状が特徴的なことはもちろんですが、とても美しく煌めきます。
光の方向や加減でその煌めきが変化するのでなかなか満足行く写真撮れません。
飛翔写真については、普通のトンボと同じ感覚では狙えません。
ほとんどホバリングはしませんし、ひらひらと方向を変えるのでファインダーに捉えることすら困難ですね^^;
何度挑戦しても玉砕の連続です(笑)
虹色に舞う  ヒメオオ
チョウトンボは翅の色の基調が「黒」なので
太陽光により虹色に煌めきとても綺麗ですね!
コメントを閉じる▲

新レンズ導入 - コシアキトンボで試し撮り - 

2013年06月30日 ()
新しいレンズを購入しました。
”Canon EF70-300mm F4-5.6L IS USM”です。
ずーっと前から300mmクラスの性能の良いレンズが欲しかったのです。

購入にあたり、単焦点にするかズームにするか、純正にするかサードパーティ製にするか、色々悩みました。
経緯を話すと長くなるので割愛しますが、結果的に上記レンズをチョイス。
決め手は、
・Lレンズであること。Canonユーザはやはり白いボディに憧れるのです(笑)
・画質の向上が見込めること。
・価格的にも手が届く範囲。
・手持ちで撮影できること。
・AFが爆速。大型量販店に下見に行き、使わせてもらった際に、AFの速さに感動してしまいました。
・発売当初はこんな中途半端な位置づけのレンズ、誰が買うんだなどの酷評もありましたが、
使用した方のレビューを見ると、画質も良くなかなかの評判であったこと。
などです。

取り付けると、こんな感じ。
Canon EOS 7D + EF70-300mm F4-5.6L IS USM

ズームは筒がズドーンと出てきます。これは不満って言えば不満^^;
Canon EOS 7D + EF70-300mm F4-5.6L IS USM


で、今日がその初陣式。
トンボの飛翔写真で試し撮りといきましょう。
ホントはちょっと遠出したかったのですが、
右足に魚の目ができてしまい、痛くて長距離を歩くことが辛かったので、近場のフィールドにしました^^;

池にはコシアキトンボが飛び回っています。
適度に飛び回り、適度にホバリングするので、飛翔写真の練習にはもってこいのトンボです(笑)
本音はヤンマ系を撮りたかったのですけど(笑)

コシアキトンボ

コシアキトンボ

コシアキトンボ

コシアキトンボ

コシアキトンボ

コシアキトンボ

写真は全てノートリミングです。
飛翔写真はまず被写体をファインダー内に捉えることが第一関門ですので難しいことには変わりありませんが、
やはりAFの早さは大きな武器になりますね。
目が悪くなってから、MFだとピンぼけ写真の量産になってしまいます。
このAFの早さと精度の良さが私にとって命なんです。
EF-S55-250mm F4-5.6 ISと比べると、かなり撮りやすく感じました。
また解像度もかなり向上しているように思います。
これからのトンボ撮影が楽しくなりそうです。

さて、新しいレンズにすると、普段スルーしてしまう被写体も撮ってみるかって気になります(笑)

アオメアブ(?)
アオメアブ

ショウジョウトンボ
ショウジョウトンボ

[サイト内タグ検索] コシアキトンボ トンボ科
21:58 トンボ科 | (0) | (21)  |   | 


COMMENT

  umajin
こんばんは!
試し撮り、お疲れ様でした(^^)
解像度は勿論、AFの速さは早いに越した事はありませんね!
マクロレンズはAFが遅いのでピントを合わせている間に
逃げられることもよくありますし・・・。
ノートリでこの大きさですと、トンボやある程度大きさのあるチョウならば
持って来いのレンズですね!
キベリタテハもこのレンズでチャレンジですね(^^)
  Kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんはです!
新レンズ購入、おめでとうございます!
やはり白レンズに憧れますか(笑)
AFは速いに越したこと無いですね・・ペンタは遅いし私の安レンズも遅いですよ(笑)
なのでトンボの飛翔はまず無理・・ホバ中もMF で頑張ってます(爆)
コシアキの飛翔・・見事なもんです!!
ポチッ!
いよいよ。  ホタル
こんばんは。
canon純正のLレンズですか。ズームとは言え、流石のLレンズ。なかなかの解像度ですね。
これからの活躍が楽しみですね。
今日、ハヤシミドリシジミとメスアカミドリシジミを撮影してきましたが、
トンボだけでなく、山地性のゼフィルスにも300mmは必須です。(テレコンも必要ですが)
  椿の茶屋
こんにちはー(^^;)

しばらく前の話ですが、70~300mmはニコン(わたしの機材)でも
比較的軽くて使いやすいと評判のレンズでした。ある程度の大きさが
あって動きの速いアゲハなんかにもいいだろうなぁと、中古屋の
店先で何度財布を開いてしまいそうになったことか(笑)いいです
ねえ。細やかな絵を出してくれるレンズなのかな、と、最後のカット
から思いました。
  美由紀
新しいレンズの購入、おめでとうございます。

いろいろと試し撮りしたくなりますね。
どんどん出かけて撮影し、
どんどんブログにupして下さいね。
楽しみにしています。

飛翔シーンも バッチリですね。
画面の向こうから 翅の音も聞こえてくるようです。
  はまぴー
やはりLレンズですよね!!
めっちゃ似合ってますよ。
頼もしい相棒を得て、ますます撮影に熱が入りますね。
僕も楽しみが増えました。
新たな相棒でのお写真も楽しみに待っています^^
  あき
うっすさん、こんにちは^^
新しいレンズ購入おめでとうございます。
これから益々、撮影に力が入り
また楽しみが増えますね(^^)

白いボディ良いですね。
Nikonはないのでとても憧れます。

アオメアブ、おじいちゃん顔ですね^_^;
失礼なことを申しました(T_T)
umajinさん  Tigerうっす
こんばんは~。
今までのレンズはAF速度が遅かったので、ストレスが溜まりまくっていました(笑)
この部分ではストレスは取り除かれそうですが、
やはり迷ったりすることはあるので、飛翔写真の場合は置きピンしておくほうがよいですね。
このレンズでどこまで小さい昆虫に対応できるかは、これから色々試してみようと思います。
昆虫撮影時の常用レンズになりそうです。
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
ありがとうございます。
はやり憧れますね。白レンズには(笑)
AFは早いに越したことはないですが、遅ければ遅いなりにやり方はありますよね。
今までそれで耐えて来ました。
レンズを変えると可能性も増えると思うので、色々と撮影してみたいと思います。
ホタルさん  Tigerうっす
こんばんは~。
本音を言えば単焦点で撮影した画像の美しさが名残惜しいのですが、
やはりできるだけ手持ちで撮影したいのです。
ズームでもLレンズだし、画質は向上するだろうとこのレンズに決めました。
色々撮影してみたいと思います。
山地性ゼフィルスは長玉が必要ですね。
このレンズはテレコンが付けられないので、長玉が必要な時は500mmを登場させます。
コメントを閉じる▲

ウスバキトンボ 

2012年09月28日 ()
世代交代を繰り返しながら、季節の移ろいと共に北上してゆく旅するトンボとして有名なウスバキトンボ
今年も撮影する機会に恵まれました。
このトンボは休むことを知らないのかと思うほど飛び回り、草木に止まることが少ない。
公園の広場などでたくさんの個体が飛び回っている姿をよく見かけますが、
止まっている姿を見つけられることは、とてもラッキーなことです。

体の大きさの割りには、翅が大きいですね。
長距離移動するための仕様でしょうか?
ウスバキトンボ

寒さに弱いため、冬が来ると南に戻ることもなく死滅してしまいます。
ウスバキトンボ

優しい顔してます^^
ウスバキトンボ

回りこんで正面から撮影しようとしたら、逃げられちゃった><

(撮影地:東京都練馬区)

[サイト内タグ検索] ウスバキトンボ トンボ科
23:21 トンボ科 | (0) | (8)  |   | 


COMMENT

  Kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんはです!
ウスバキトンボ・・・一頃よりは減ったような気がしますが・・
それにしてもよく飛び続けられますよね(笑)
沢山飛んでいるのでどれか一匹でも・・ってもやっぱり飛翔は難しいですよね(笑)
飛び疲れて静止中の個体、夕方にはたまに見かけます(笑)
ポチッ!
  はまぴー
風と仲良しなのでしょうね!!
本当に穏やかな優しい顔してますね^^
  moko♡
こんばんは^^
ウスバキトンボ 見たことあるかな?
あまり止まらないなら見てないかもですね(^^ゞ
チョウトンボのような大きな翅をしてるのですね~

北上して来ても帰ることはなく 寒くなったら死滅とは・・ちょっと悲しいですね
次の世代は?こちらで繋ぐわけですよね?
  ciel
うっすさんこんばんは^^
いつも公園でたくさん飛んでるトンボさんは
この子たちかしら?
自転車こいでるとぶつかるんじゃないかとヒヤヒヤ^^;
全然とまらないんですよね~
だから顔も見たことないけど、こんな顔してるんですね^^
疲れないのかな~。見習わなきゃ(笑)
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
ウスバキトンボ、減りましたか?
私の行くところでは結構な数が飛び回ってます。
シオカラトンボなどと異なり、風に乗って飛ぶのが長時間飛行のコツでしょうね。
このトンボは広い空間を飛び回るので、飛翔写真は困難極まりないですね。
はまぴーさん  Tigerうっす
こんばんは~。
風に乗って飛ぶのが上手なんでしょうね。
大きな翅を見れば、その理由がわかるような気がします。
体も軽いんでしょうね。
mokoさん  Tigerうっす
こんばんは~。
公園などの広場を飛び回っているトンボがいたら、
たぶんそれがウスバキトンボです。
めったに止まらないので、その姿をじっくり見る機会は少ないかもしれませんね。
このトンボの生態はよく分かっていないようです。
全部が北上して死滅してしまっては、次の世代に命をつなぐことはできないですよね。
旅組と残留組と別れるのですかねぇ。

cielさん  Tigerうっす
こんばんは~。
公園でたくさん飛んでいるトンボ、たぶんこの子たちでしょう^^
歩いていてもぶつかりそうになります。
体は華奢で、網などで捕まえると潰れちゃうとか。
ぶつからずに避けてあげてくださいね。
しかし、体力はあるようで、ずっと飛び回ってますね。
どこにそのエネルギーがあるんでしょうね。
コメントを閉じる▲

ヨツボシトンボ 

2012年05月09日 ()
日付が少し戻ります。
GWのとある晴れた日、都内のポイントへ行ってみた。
秋になると、アサギマダラが旅の途中で翅を休める所です。

この場所も数年前と比べると昆虫の数もだいぶ減った感があるが、
季節ごとに色んな昆虫が姿を現す所です。

この場所で写真を撮り続けているご婦人に、トラフシジミ、ギンイチモンジセセリがいたとの情報をいただき、
その場所に行ってみるが見つからない。

成果がないなーと思いつつも池の周りを歩いていると、黄金色に輝くトンボが目に入った。

もしかして、あなた様はヨツボシトンボ
ヨツボシトンボ

80%、ヨツボシトンボと確信するが、翅を見ないことには・・・
どうぞ、翅をみせてくださいませ(ぺこ)
ヨツボシトンボ

おー、やっぱりあなたはヨツボシトンボ
4枚の翅の中間それぞれに黒い模様があるのが特徴です。
ヨツボシトンボ

寒冷地では春~秋にかけて見られるトンボですが、
温暖地では、5月頃発生し、一月もしないうちに姿を消してしまいます。
東京で見られるのは今だけなのです。
ちなみに初夏の尾瀬にもいましたよ。
ヨツボシトンボ

毎年、多摩地区の公園に撮影に行っていましたが、今年は行っていない。
今年は会えないかなと思っていたら、港区で会えるとは思いませんでした。
ヨツボシトンボ

この日は一頭しか見当たりませんでした。
仲間はいるのかな?
ヨツボシトンボ

自分でも理由がよく分からないのですが、このトンボには思い入れがあるのです。
今年も会えて、ヨカッタ、ヨカッタ。

(撮影地:東京都港区)



[サイト内タグ検索] ヨツボシトンボ トンボ科
22:29 トンボ科 | (0) | (12)  |   | 


COMMENT

  kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんはです!
ヨツボシトンボ、私も撮ってますよ・・
それも自宅すぐの空き地で・・(笑)
ハラビロにしては毛深いし・・あやうく間違えるところでした(笑)
うっすさんのおかげです!
明日にでもアップを・・
ポチッ!
  sarah
おはようございます^^
思い入れがあるトンボさんなんですね。
今年も偶然逢えたなんて
ご縁があるのかもしれませんね。
ラストのお写真はうっすさん見て笑ってるみたい^^
  あき
うっすさん、こんばんは♪
思い入れのあるトンボさんに出会えて良かったですね。
うっすさんの思いが通じたんですよ、きっと(*^_^*)
命が一カ月とは、自然界は無情ですね。
自然界に活きるものの定めでしょうか。

ラストのお写真にちょっと笑っちゃいました^^
  moko♡
こんにちは^^
見たことないトンボさんですけど 都内にも居るのですね~
此方にも居るのかな~?
でも一ヶ月だけでは居たとしても難しい・・・・
黄金色のトンボさんに出逢ってみたいです
最近は イトトンボも撮りに行ってないですわ
春は子供たちの世話が忙しくて(笑)
  umajin
こんばんは!
さすがですね~
うっすさんはトンボも詳しいですね!
私には「日本のトンボ」の本が出ないと
同定できません(笑)
毎年気が付きませんでしたが、トンボって春から
いるのですね・・・。
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
kameさんもヨツボシを撮影されたのですね。
しかもご自宅の直ぐ側とは、羨ましい。
あまり著名なトンボではないので、知らない方は間違えるかもしれませんね。
お役に立てて、ヨカッタです(笑)
sarahさん  Tigerうっす
こんばんは~。
なぜか思い入れがありまして、
見かけるとうれしくなるトンボなんです。
この場所に居るとは思わなかったので、ホント嬉しかったです。
しばらく追いかけていたので、最後は愛想を振りまいてくれたのかもしれません(笑)
あきさん  Tigerうっす
こんばんは~。
なぜか思い入れがあって、見かけるとうれしくなるトンボなんです。
絶滅危惧種であること、期間限定であることが理由かもしれません。
いつもこのトンボを撮りに行く場所には今年は行っていないので、
別の場所で出会えたことだけでも、大きな収穫です。
このトンボは暑さに弱いみたいで、低地では5月いっぱいくらいしかいません。
シオカラトンボが目立つ頃には、もう姿を消してしまいます。
mokoさん  Tigerうっす
こんばんは~。
都内でも居るところにはいるんですね~。
このトンボは東京では絶滅危惧ⅠB類に指定されており、近い将来における絶滅の危険性が高い種とされています。
おまけに期間限定となれば、出会いは貴重かもしれません。
大きさはシオカラトンボ程度ですが、ずんぐりしている感じです。
5月中くらいならいると思いますので、出会えるといいですね~。
umajinさん  Tigerうっす
こんばんは~。
全然詳しくないですよ~^^;
見たことあるので、知っているって程度です。
うんうん、「日本のトンボ」って本があると良いですよねぇ。
日本トンボ保全協会って無いんですかね(笑)
トンボは夏~秋の昆虫って思っている方が結構多いんですよね。
実は春から飛んでます。
コメントを閉じる▲

チョウトンボ 

2011年09月02日 ()
夏になると必ず撮影したくなるのが、このチョウトンボ
独特の翅と色を持つ異色のトンボですね。

この日はとても暑く、池からの照り返しが非常に強かった。
この場にとてもじゃないけど長居ができなかったので、あまり撮影枚数を稼げなかった・・・
いまいちバシッとした写真が撮れなかったなぁとちょっと後悔しております。

チョウトンボ

チョウトンボ

チョウトンボ

チョウトンボ

(撮影地:東京都立川市)

せっかくの週末も台風で台無しになりそうですね。
ネタもないというのに・・・(しょぼ)
[サイト内タグ検索] チョウトンボ トンボ科
22:19 トンボ科 | (0) | (16)  |   | 


COMMENT

  umajin
こんばんは!
チョウトンボ、まだ実物を見たことがありません・・・。
この翅の形と色彩は、ホント目を引きますね!
1度は撮ってみたいです。
もう来季かな~
umajinさん  Tigerうっす
こんばんは~。
そうでしたかー。
シオカラトンボのようにどこにでもいるってトンボでもないので、生息は局所的なのかもしれませんね。
チョウの様にヒラヒラ飛ぶ上に、輝く翅がとても目を引きます。
毎年、7~8月に撮影していますが、昨年は9/中旬にも撮影しています。
まだチャンスがあるかもです。
でも、台風だしなー、どうなるかなーって感じですね。
  椿の茶屋
こんばんは~。
わたしもチョウトンボって、たまに見かけます。真夏にハスの花を
撮ったときとか。
黒っぽくて絵にならないトンボだなーと思っておりましたが、お写
真を拝見すると、そんなこと全然ないですね(^^ゞ)こういう青光
りをするのかと、初めて知りました。
  はまぴー
美しい翅の色ですね!!
まるでタマムシの様です。
黒をベースにした、かなりのお洒落さんですね^^
  june
光の当たり具合で、色々と変化して、
まるでメタリックのような翅ですね。
輝く色がホントに美しい^^
葉っぱの先を握りしめているような姿が
可愛らしいですね。
  Toshi
こんばんは
やっぱりチョウトンボは抑えておきたいトンボですよね。
暑い日にお尻を突き上げる一枚目のポーズはコレぞチョウトンボって感じで、好きなポーズです(*^-^*)
まだ飛んでるようですが、翅がかなり痛んできてる個体が増えました。
  あき
こんばんは^^
チョウトンボにはまだ出会ったことがありません。
綺麗な翅ですね。
トンボは動きが早く撮りにくいです。
掲載のお写真はどれも素敵に撮られてますね。
↑葉っぱにつかまっていうような姿は
ホント可愛いです(^^)
P☆
椿の茶屋さん  Tigerうっす
こんばんは~。
蓮の花にチョウトンボ、最高のシーンですね。
なかなか花に止まらないですよね。
チョウトンボは一見黒っぽく見えますが、
光が当たると、金属光沢を持った輝きを見せてくれます。
撮影は晴れの日がいいでしょうね。
はまぴーさん  Tigerうっす
こんばんは~。
チョウのよう翅を持ち、金属光沢の輝きを持ったトンボの中では珍しい存在ですね。
黒っぽく見えますが、近くで見ると紺色に近いと思います。
メスはオスよりも黒っぽく見えます。
昆虫の中にはこのような金属光沢を持つものも多いですね。
juneさん  Tigerうっす
こんばんは~。
翅も独特ですが、このキラメキがなんとも言えない美しさですね。
翅をキラキラ輝かせながら、池の水面を飛んでいます。
しかし、このキラキラを出すのが結構難しいんです。
昨年は角度が悪かったのか、光が強すぎたのか、色がベタッとしてしまって、
キラキラ感が出せませんでした。
葉っぱの先端にしっかりと捕まっている様子は可愛いですね^^
コメントを閉じる▲

TOP | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。