TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
--:-- スポンサー広告 | (-)(-) | 


ヒメウラナミジャノメ 

2012年06月12日 ()
ネタが無くなって来ました^^;
そんなわけで、在庫から。
でも、今年の撮り下ろしです。

ちょっとしたフィールドを歩くと、必ずと言っていいほど出会うのがヒメウラナミジャノメ
でも不思議な事に、都心部にはいないんですよね。
リズミカルに飛ぶ姿がとてもかわいい。

ヒメウラナミジャノメ

翅もよく開いてくれます。
ヒメウラナミジャノメ

ヒメウラナミジャノメ

ヒメウラナミジャノメ

近似種にウラナミジャノメがいますが、こちらはまだ見たことがありません。
西日本に多いようですが、それでも生息は局所的で、絶滅危惧種Ⅱ類となっています。
出会いの難易度は★4つ。かなり難しい。
一度、見てみたいものです。
スポンサーサイト
22:29 タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科 | (0) | (8)  |   | 


COMMENT

  椿の茶屋
こんばんは~。この子、ひょこひょこと飛ぶさまがかわいいですよね。
ちょっと郊外へ行けばよく見かけるし翅色も地味だし、あまり注目され
ることもないんでしょうけど、この目玉模様もよくよく見ればけっこう
かわいらしいと思います(^^)
  moko♡
こんばんは^^
並んだ目玉模様がカッコいいですよね~
地味だけど好きです!地味だからかな?(笑)
我が家の近所には居ませんので 見かけたら必ず追いかけて撮りますわ(笑)
ジャノメの中では 一番早く春先に出て来てくれますものね^^
   
  はまぴー
ヒメジョオンでしょか、ハルジオンでしょうか!?
小さな花の上にちょこんと乗って、懸命に蜜を吸っていますね!!
元気をつけて子孫繁栄をして貰いたいものです^^
  umajin
こんにちは!
ご無沙汰しました~
ようやく体調も良くなってきましたので
今夜からまたアップしていきたいと思います!

ヒメウラナミジャノメ、可愛く撮れていますね!
確かにフィールドに出掛けると、間違いなく見かけるチョウですね!
色が地味なので、少し前までは撮影対象になってなかったのですが
最近、チョウを勉強し始めてから撮るようになりました。
椿の茶屋さん  Tigerうっす
こんばんは~。
里山的なところに行くと、蝶の代名詞モンシロチョウよりも多く見られますね。
ヒメジャノメかヒメウラナミジャノメって感じです。
あまり注目する人もいないと思いますが、
翅は全開してくれるし、ヒョコヒョコ飛ぶ姿は可愛いですよね。
mokoさん  Tigerうっす
こんばんは~。
ジャノメチョウの中では、春を迎えるとまっ先に飛ぶ蝶ですね。
小さくて、ヒョコヒョコ飛ぶ姿が可愛いので、私も好きです。
狙っている蝶などを探す時、邪魔になる時もありますけど^^;
人をあまり怖がらず、翅も大きく開いてくれますよね。
はまぴーさん  Tigerうっす
こんばんは~。
撮影した時期から、ハルジオンだと思います。
ハルジオンって蝶が沢山集まります。
この蝶も例外ではなく、ハルジオン、ヒメジオンが咲く場所では必ず見かけます。
きっと、たくさんの子孫を残してくれることでしょうね。
umajinさん  Tigerうっす
こんばんは~。
体調、戻ったのですね。
良かったです^^
ぶり返さないよう、お気をつけくださいね。

ジャノメチョウの仲間は、全体的に地味なので、好みが分かれますね。
よく見ると、目玉模様が個性的で、種によって模様が違ったり、色が違ったり、
なかなか侮れないと思います。
ご一緒した例の場所、ジャノメチョウの仲間がたくさんいますよ^^
コメントを閉じる▲

ヒメキマダラヒカゲ その他 

2011年08月19日 ()
八島ヶ原湿原への険しい道を歩いていた時、見知らぬチョウが吸蜜していた。
見た感じジャノメチョウの仲間のようだが、心当たりがない。
とりあえず撮影し、帰宅後調べてみるとヒメキマダラヒカゲであることが分かった。

キマダラヒカゲと言えば、サトキマダラヒカゲ、ヤマキマダラヒカゲがおなじみさんですが、
ヒメキマダラヒカゲは初見初耳でした。
このチョウも、標高の高い森林に生息するチョウとのこと。

キマダラヒカゲといえば樹液に群がるイメージがありますが、このヒメキマダラは花の蜜もエサとしているようだ。
ヒメキマダラヒカゲ

ヒメキマダラヒカゲ

ヒメキマダラヒカゲ

ヒメキマダラヒカゲ

ネットで調べてみると、翅表が地味ながら美しい模様を持っていることが分かった。
撮影できなかったのが非常に残念。
そう言えば、都心部でよく見かけるサトキマダラヒカゲの翅表も撮影したことないなー(笑)

とりあえず、今回で車山遠征時に撮影した昆虫は終わりです。
その他、確認できたチョウ。

ミドリヒョウモン
ミドリヒョウモン

クロヒカゲ
こいつは、小川の側で休憩中に、やたらと私に付きまとって来ました。
おむすびをパクつこうとすると、手に止まるので食事できない(笑)
振り払うと、今度は首や腕に止まる始末。
蚊にまとわりつかれるより、いいけどね(笑)
クロヒカゲ

ヒメシジミのメスだと思うのですが・・・
ヒメシジミ

ジャノメチョウ
ジャノメチョウ

(撮影地:霧ヶ峰)

今日は代休でした。
せっかくの3連休を有意義に使いたかったが、外は大雨。
メガネ屋さんに行っただけで、家でまったりしておりました。
22:04 タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科 | (0) | (7)  |   | 


COMMENT

  Kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんは!
ヒメキマダラヒカゲ、高地の蝶ですので勿論初見です(笑)
図鑑によると上高地あたりではフツーに見れるとか・・・
ミドリヒョウモンも平地ではまずお目にかかれず・・
ジャノメやクロヒカゲは今年はよく見かけますよ(笑)
遠征の成果、タップリでしたね・・
ポチッ!
こんばんは  Toshi
高地へ行くと普段では見られない昆虫や花が見られるからいいですよね。
私も以前は毎年避暑に信州へ行ってたんですが、ミシェルが家に来てからは行けなくなってしまいました。
基本的にペットは入れない場所が多いですからね。
  はまぴー
どのお写真も素敵ですが、3枚目のお写真の光と影に魅せられました!!
めっちゃカッコイイですね。
命って素晴らしいですね^^
kameさん  Tigerうっす
おはようございます~。
そうなんですよね。
ヒメキマダラヒカゲは高地のチョウなので今まで見たことなかったのですが、
霧ヶ峰近辺ではよく見かけました。
接近するとすぐ逃げちゃうのでなかなか撮影できませんでしたが、
やっと落ち着いて撮影できる個体と遭遇しました。
ミドリヒョウモンは平地の都市公園で一度だけ見たことがありますが、びっくりしました。
逆に高地でジャノメやクロヒカゲなど平地で見られるチョウを見ると、
生息範囲が広いんだなぁとちょっぴり感動しました。
Toshiさん  Tigerうっす
おはようございます~。
そうですね!
普段見れないチョウが普通に飛んでいるので、驚きとワクワクでいっぱいになります。
今回はちょっと移動範囲が広かったかなとちょっと後悔しています。
一度腰を落ち着かせて、じっくり撮影に望みたいと思います。
霧ヶ峰では、リフトや登山道でペット同伴の方を何度か見ました。
しかし、尾瀬は完全ペット禁止でした。
生態系の変化だけではなく、犬の鳴き声、匂いで野生動物を刺激しないために必要なことなのでしょうね。
はまぴーさん  Tigerうっす
おはようございます~。
3枚目の写真は、自分でもはまぴーさんチックだなと思っていました(笑)
手前味噌ですが、気に入っている写真の一つです。
うまいところに止まってくれないと、こういう写真は撮れないので、
なかなか難しいですね。
管理人のみ閲覧できます  -
コメントを閉じる▲

キマダラヒカゲ 

2011年08月09日 ()
キマダラヒカゲには2種類います。
サトキマダラヒカゲとヤマキマダラヒカゲだ。
この2種類は非常に酷似していて、判別が難しい。

翅脈に沿った黄色の線がサトでは太くヤマでは細い、
前翅外側の黄斑の中の黒斑はサトには全ての黄斑にあるが、ヤマでは一番下の斑紋にはないことが多い、
などの判別方法がありますが、目が肥えていないとよくわかりません(^_^;)

一般的にサトキマダラヒカゲは平地に多く生息しており、都市部の公園でもよく目にします。
サトキマダラヒカゲ

サトキマダラヒカゲ

サトキマダラヒカゲ

(撮影地:東京都新宿区)

一方、ヤマキマダラヒカゲは山間部の森林地帯に生息していますが、
明確に生息域が切り分けられているわけではないので、判斷に悩みます。
下の写真は尾瀬に行った際に撮影したものですが、どっち?(あれ)
ヤマキマダラヒカゲ

(撮影地:尾瀬)
23:00 タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科 | (0) | (2)  |   | 


COMMENT

  Kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんは!
高い山でこの種を見てないので、今までとって来たのは全てサトキと理解してますが・・・
私の愛用しているネット図鑑に判別法が出てますのでご存じなければ参考までに・・

http://insects.life.coocan.jp/Janome/Yamakima_Satokima.htm

盆休み・・傑作を期待してますよ・・お気をつけて・・

ポチッ!
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
私も今まで撮影したものは全てサトキマダラだと思っていますが、
標高の高いところだとヤマキとサトキが混じっているので、判斷に悩みます。
教えていただいた判別法は知っています。
ただ個体差もあり、自信がないいですよ~。
コメントを閉じる▲

クロヒカゲ 

2011年06月22日 ()
フィールドを歩いていると、林の藪の中で1頭のチョウを見つけました。
ヒカゲチョウ?
いや、なんか雰囲気違う!クロヒカゲ
実は私はクロヒカゲを見たことがなかったので、確信が持てなかったのですが、
自宅で調べてみると、やっぱりクロヒカゲでした^^

色が淡く大きいので、メスのようです。
目玉模様は紫色で縁どられているんですね。
さりげないオシャレさんです。
クロヒカゲ メス

クロヒカゲ メス

こちらは色が濃く、小型なのでオスのようです。
クロヒカゲ オス

クロヒカゲ オス

なんか雰囲気が違うと感じたのは、翅裏の模様です。
見た目がそっくりなのですが、見分け方が分かりました。
クロヒカゲとヒカゲチョウの見分け方

左がクロヒカゲ。赤い線の様に暗線が深くカーブしています。
右がヒカゲチョウ(ナミヒカゲ)。暗線がそれほどカーブしていません。
ひとつ勉強になりました^^
21:43 タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科 | (0) | (12)  |   | 


COMMENT

  kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんは!
なるほどね・・
ネット図鑑では色の違いの記述はありましたが、此の見分け方はおおいに参考になりますね・・・
それとヒカゲよりは暗がりを好むとか・・・
見つけたら、まず撮ってみることですね(笑)
残念ながらクロはまだ見たことがないですが(笑)
ポチッ!
  june
こんなに微妙な違いだと、私のような素人には
まったくわかりません^^;
説明されると納得ですけどね~難しい。。
お顔の感じも、わずかに違いますね。
どちらもすてきな翅で、綺麗ですね~
  美由紀
新しい蝶さんとの出会い、おめでとうございます。
綺麗に撮影できて、うっすさん宙をふわふわ浮いているような感じの足取りで帰宅したのではないでしようか?

私も うっすさんとお知り合いになってから、昆虫に目がいくようになりました。
見かけると急いで デジカメを取り出そうとする自分に驚いています。
  はまぴー
昨日はご教授いただきまして、ありがとうございました!!
いつもお教え頂けるので、すごく頼りにしています^^
紫色まで使いこなして、とてもお洒落な蝶ですね。
自然界の色の使い方って素晴らしいですよね^^
  moko
こんばんは^^
クロヒカゲのムラサキのリングが綺麗に撮れてますね~♪
明るい所に出て来てくれたのかしら?
初の出逢いは嬉しいものですね♪*:・'(*⌒―⌒*)))   
私も今年は何度か出逢うことが出来ました。
  sayugugu
Tigerうっすさん!!こんばんわ~~!!

クロヒカゲ!!こっちでも・・そろそろ・・出始めます・・

そちらだと・・ヒカゲチョウが生息するので、クロヒカゲとの区別(クロヒカゲの♀は非常にヒカゲチョウに似ているようですね・・)をしなくてはいけないんですよね?

最後の写真で違いが良く解りました・・(*^_^*)

でも・・こっちは、ヒカゲチョウが居ないので・・区別がいらなく・・楽チンです・・(笑)

(でもヒカゲチョウは見てみたい~~~!!)
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
一般的な見分け方としては、クロヒカゲの方が色が濃いとの記述が多いですが、
メスは色が淡いので、迷いますよね。
決定打としては、この方法のようです。
そうそう、まず撮影しておかないことには始りませんよね。
クロヒカゲはクロコノマと生息域がダブると思うのですが、
なかなか見かけませんよね。
私も初対面でした^^
juneさん  Tigerうっす
こんばんは~。
ヒカゲチョウの方は結構見慣れているので、なんか雰囲気が違うなーと思ったのです。
チョウもそうですが、トンボなども微妙な違いで種類が違っていたりするので、
覚えきれませんよね(笑)
悩みどころなんです(^_^;)
ジャノメチョウは地味な印象ですが、目玉模様が美しくシックな装いなので、
好きな蝶なのです。
美由紀さん  Tigerうっす
こんばんは~。
新しい昆虫との出会いは、わくわくしますね。
撮影が失敗しないように、いつもより気合が入ります。
撮影枚数も多めに撮ったりして。
帰ってからPCで見るのが楽しみなんですよ。
失敗写真も多いですけどね(笑)
美由紀さんも昆虫に興味を持っていただいて、とてもうれしいです^^
はまぴーさん  Tigerうっす
こんばんは~。
しゃしゃり出ちゃって、すみません(^_^;)
少しだけでもお役にたてれば、光栄です。
ジャノメチョウの仲間には紫色を配色したものが多いような気がします。
はまぴーさんのおっしゃる通り、自然界の配色って神秘的ですよね~。
コメントを閉じる▲

ヒメウラナミジャノメ 

2011年06月08日 ()
新たな種類の昆虫との出会いはあまりなかったので、既出ネタです (〃 ̄ω ̄〃ゞ エヘヘ
でも、写真は撮り下ろしですよ。

フィールドを歩いていると、一番目に付いたチョウがヒメウラナミジャノメでした。
至る所で飛んでいます。
春一番で飛び始めるジャノメチョウ。
モンシロチョウよりひと回り小さく、フワフワ飛ぶ姿はとても可愛いですよ^^

ヒメウラナミジャノメ

ヒメウラナミジャノメ

ヒメウラナミジャノメ

ヒメウラナミジャノメ

ヒメウラナミジャノメ

ヒメウラナミジャノメ
22:24 タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科 | (0) | (12)  |   | 


COMMENT

  kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんは!
そうですよね、今見れるのは殆ど撮りましたので2度3度同じ種類も撮らなくては(笑)
ヒメウラナミ、マイフィールドでは殆ど居なくなりましたよ・・・
そろそろジャノメとゴマダラが現れると思うんですが・・
また週末、天気が崩れる予報が・・・
巡り合わせが悪いですね(涙)
ポチッ!
  june
色は地味でも、模様は可愛らしいですね。
目もちょっと柄があるような感じで、
いがいにオシャレ^^
お花が白いから、とても綺麗に映えてますね。
P☆
  美由紀
全体的に丸っこい姿は愛嬌がありますね。
いっけん地味だけど きちんと並んだ丸模様が可愛いです。
2枚目が一番好きかな?

スタジオ近くの空き地に たくさんの蝶が来ています。
白いのと、黄色いの(笑)
写真を撮ろうと 毎日のようにデジカメを取り出しているのですが、すばしっこくて写せやしない!
とにかく飛び回っていて ちっとも止まらないんですよ。移動距離も結構あるし、スピードも結構早いしで、
お手上げ状態です。[はず]
こんばんは  Toshi
私の行くフィールド(木曽川沿いの公園)で春にたくさん見られる蝶です。
翅の表は無地に近いですが、裏の模様はなかなかのものですよね。

ハルジオンが咲いてる場所に必ずいるんです。
ほとんど逃げることがなくて、撮りやすいですよね。
  torimy
地味なチョウチョがすごく引き立っていますね。
背景と添え物と主役のバランスが絶妙なんでしょうね。
  moko
こんにちは^^
雨の週末になってしまいましたね~
お勤めの方には残念な週末かな?
雨の中 紫陽花や花菖蒲の撮影にお出かけかしら?(^▽^)/

地味な蝶ですけど シックな裏翅の目玉模様が大好きです!
表も裏も とても綺麗に撮られてますね^^
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
常に新しい被写体と出会えればいいのですが、そうもいきませんよね(^_^;)
今、行きたいと思っているところに行けば、新たな種類に出会える期待値が高いのですが、
仕事やら、天候やらで行けていません。
今週末もお天気悪そうだし・・・
実はゴマダラチョウはまともに撮影できたことがないのです。
今年こそは!
juneさん  Tigerうっす
こんばんは~。
ジャノメチョウの仲間は全体的に地味な種類が多いですが、
よく見ると模様は凝っているし、おしゃれなんですよねー。
このチョウは小型なので、かわいらしく見えます。
チョウチョはやっぱりお花と一緒に撮るのがいいですね。
美由紀さん  Tigerうっす
こんばんは~。
このチョウは丸みがありますね。
小型だし、丸っこいからかわいらしく見えるのかもしれません。
スタジオの空き地にチョウですか^^
白いの黄色いのということは、モンシロチョウ、スジグロシロチョウ、モンキチョウ、キチョウあたりかなー。
チョウの写真って意外と難しいでしょ。
そうそう止まらないんですよね。
一眼レフでもいつも閉口しています(笑)
Toshiさん  Tigerうっす
こんばんは~。
都内の公園などではあまり見られないのですが、
ちょっと郊外に行けば、よく飛んでいます。
今、一番目につくかも。
丸っこくて、小さくて、ふわふわ飛ぶ姿が可愛いですよね。
ハルジオンやアザミにはチョウが集まるので、狙い目ですよね。
コメントを閉じる▲

TOP | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。