TOP

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
--:-- スポンサー広告 | (-)(-) | 


スミナガシ 

2011年07月19日 ()
高尾山山頂では、スミナガシも観察することができます。
墨流し、字のごとくとても風流な姿で、日本的な美しさを持つチョウチョですね。

渋いなぁ。
アオカナブンもいた。
スミナガシ

このチョウチョは常に翅を広げておりますが、
食事を邪魔するものが側にやってくると、翅を大きく広げて威嚇します。
スミナガシ

おりゃー、邪魔するな!
スミナガシ

オオムラサキとのツーショット。
スミナガシとオオムラサキ

こんな写真が撮れるのも、高尾山ならではかもしれません。
こうみると、オオムラサキってかなりでかいのね。
スミナガシとオオムラサキ

(撮影地:高尾山)
スポンサーサイト
21:36 タテハチョウ科イシガケチョウ亜科 | (0) | (16)  |   | 


COMMENT

  椿の茶屋
こんばんは~。期待に違わずいてくれたのですね、スミナガシくん。
いつ見てもきれいです。
このチョウは昨年夏、尾根道と林道でも見かけました。オオムラサキ
よりも見られる場所は多いのかもしれないなぁ、と想像しながら、次
の週末に期待をつなごうと思います(^^)
  kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんは!
うわ~、いいな~
ヒオドシチョウ、キベリタテハ、スミナガシ・・・
まだまだお目にかかれないチョウは沢山いますが・・・
このスミナガシは是非見てみたいな~・・
高尾山まで行く訳にもいかないし・・・(涙)
オオムラサキのツーショット、何と羨ましい・・・
ポチッ!
  美由紀
スミナガシ、日本の蝶って感じがします。
浴衣を着て打ち上げ花火を観にいく女性を連想します。
オオムラサキのような華やかさはないけれど、色とか
模様が粋だなって思います。
私、この蝶 好きですよ。

オオムラサキとのツーショット、蝶好きの人が見たら
羨ましいシーンなのでしょうね。
  june
渋い柄と色の蝶ですね。
でも、とても綺麗。目も濃紺のような感じですが、
けっこう洒落てますね^^
オオムラサキと並ぶと、かなりの大きさの違いに驚きます。
ほんとに、蝶を追いかけている人には、ものすごく
羨まれるでしょうね~^^☆
  のび
シブくて美しい蝶ですよね。
飽きの来ない美しさというか
和の美というか。
とても好きな蝶です。
  torimy
絣の着物がよくお似合いですね・・・スミナガシ
  moko
こんばんは^^

スミナガシ・・綺麗ですね~
とっても鮮やかというか艶やかな・・・
純和風なイメージの蝶ですよね(*^^)
藍染のようなこの色、(* ̄。 ̄*)ウットリします^^

私も今日はスミナガシでした(^^ゞ
こんばんは  Toshi
おおー、スミナガシとオオムラサキのツーショットですかー!!
どちらも見たことすらない蝶なのに、一緒に見られるなんて・・・、いいなー高尾山。
近場で見られる場所、ないかなー。
椿の茶屋さん  Tigerうっす
こんばんは~。
高尾のスミナガシは期待を裏切らないので、いいですね^^
絶好の観察ポイントです。
ほうほう、林道でも見かけましたか。
個体数はスミナガシのほうが多いのかもしれませんね。
今回は日影沢、小下沢には立ち寄らなかったので、次回はこの裏高尾メインストリートを歩いてみようと思います。
近いうちに^^
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
ヒオドシチョウ、キベリタテハは私も憧れのチョウチョです。
見たいですよねぇ。
尾瀬にいるというので期待していたのですが、姿を現してくれませんでした。
オオムラサキとのツーショットはネットでも見かけたので、極めて珍しいってことは無いのかもしれません(^_^;)
この二種類は生息域が似ているのでしょうね。
京都にも絶対ポイントがあると思います。
出会えることを願っております^^
コメントを閉じる▲

スミナガシ 

2010年08月19日 ()
高尾山に行った目的は、オオムラサキだけではなく、実はもう1種類のチョウに会うこと。
そのチョウとは、スミナガシ
東京の下界ではまず見かけないチョウです。
墨汁を水に垂らした際に出来る模様、またはその模様を染めた物のことを”墨流し”と言いますが、
翅の模様がその墨流しでできた模様に似ていることから名付けられました。

青緑がかった翅に、くの字模様の縁取りが目を引きます。
和柄ぽっくて、浴衣の柄に合うのではないでしょうか。
スミナガシ

樹液を吸うスミナガシ
この子は翅がだいぶ傷んでいます。
スミナガシ

アッカンベーされているみたい(笑)
お口は赤いのねー。
スミナガシ

こんなに近くでこの子を観察できるなんて、高尾山恐るべし(笑)
スミナガシ

夕日を浴びるスミナガシ。
スミナガシ

この日、他にこの地で観察できたチョウは、
オオムラサキ、カラスアゲハ、ミヤマカラスアゲハ、アカボシゴマダラ、ヒメアカタテハ、ツマグロヒョウモン、
ムラサキシジミ、ウラギンシジミ、帰り間際に姿を表したアサギマダラでした。
アカボシゴマダラがかなり幅を効かせていて、他のチョウを追いかけまわしています。
オオムラサキが生息域を追われてしまわないかと、ちょっぴり心配。
スミナガシは、負けじと対抗していましたよ。
[サイト内タグ検索] スミナガシ タテハチョウ科
21:10 タテハチョウ科イシガケチョウ亜科 | (0) | (18)  |   | 


COMMENT

  あき
こんばんは☆
スミナガシの羽の模様は渋いですね。
ダンディな姿をしています。
高尾山にはたくさんのチョウがいるんですね。
高尾山は東京ですよね。

アカボシゴマダラはかなり元気なようですね。
他のチョウを追い回しているなんてチョウ通しでも
そんなことがあるんですね。
ポチッ!
こんばんは  Toshi
高尾山って都内にあるんですね。
ググッてみたら、結構高い山なのでビックリしました。
近くにいいポイントがあって羨ましいです。

オオムラサキもスミナガシも見たことがないんです。
最近、体力が落ちて300m級の低山でも死ぬ思いです。500m級になると、ロープウェイがないと登れないかも(^^;)
  kameのフォトブック
うっすさん、こんばんは!
私の撮りたいチョウがここに集結しているような(笑)
カラス・ミヤマカラス・アサギマダラ・アカボシ・・・アサギを除いては
姿すら見てません(笑)
このスミナガシ、翅表の微妙な色合いがたまりません!
是非ともお目にかかりたいもんです!
ポチッ!
  いちぼく
こんばんわぁ
いっぱいの蝶に出逢えたんですねー、すごい!
スミナガシ、おっしゃるように和装の雰囲気☆
粋でおしゃれな感じですね^^
暑くなかったですかぁ
  美由紀
高尾山、蝶の宝庫なんですね。
それだけたくさんの蝶に出会えたら、肩で息していたのも酷暑も忘れてしまいますね。

このスミナガシという蝶、名前も風流なら姿も風流。日本の蝶という感じですね。全体的には控えめな色だけど模様は結構主張してる。青い目と赤い口がキュートですね。
  デイジー
うっすさん、おはようございます♪
スミナガシ、聞くのも見るのも初めての蝶です^-^
しかも他にもいっぱいの蝶に出逢えたんですね~☆
そんなに蝶がたくさんいるところ、行ってみたいです(*'-'*)キュン
名前も姿もとても風流な蝶ですね^-^
和装の柄にぴったりですよね♪
  のび
コヤツはシックで美しいですよね。
口持ちにだけ紅をさして、何とオシャレなんでしょう。
  torimy
これはきれいな個体がいたもんですね。
長野県人でありながら こんなの見たら羨ましくてたまりません。
先日 友人のカメラに収まったのを確認して以来 
後追いで狙っていますがダメなんです。ショボン
  moko
こんにちは^^
沢山の蝶々さんに出会ったのですね~
スミナガシ・・複雑な幾何学模様が美しいですよね
暗青緑色とでも言うのでしょうか・・・
この色を出して写すのは難しそう・・・
シックでお洒落な蝶々さんですね
あきさん  Tigerうっす
こんばんは~。
翅の模様、渋いですよね。
和柄で、日本人好みのする模様ではないでしょうか。
男性用の浴衣に柄にぴったりだと思うのですが。
高尾山は東京都八王子市です。
実際色んな種類のチョウが生息し、見かけていますが、撮影できたのはほんの一握りです^^;
全部の撮影は無理でした。
チョウ同士でも、異種間の縄張り争いは行われますね。
都内の公園でも、違うアゲハチョウ同士で争っている姿を目撃しますよ。
コメントを閉じる▲

TOP
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。