← ヒメウラナミジャノメ | TOP | ウスバシロチョウ

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
--:-- スポンサー広告 | (-)(-) | 


ミヤマセセリ 

2011年04月25日 ()
私のBLOGではセセリチョウの仲間は初登場になります。
だって、同定が苦手なんだもの(^_^;)
HDDの肥やしになっているセセリチョウの写真は数知れず。
でも、このミヤマセセリはぜひとも撮影しアップしたい被写体でした。
ミヤマセセリも3~4月の短い早春を駆け抜けるスプリング・エフェメラルです。

後翅表にオレンジ色の小さな小斑紋を多く持つのが特徴です。
写真は全てメスです。
メスの前翅表には白いライン模様があるのが特徴ですね。
このチョウに限っては、オスよりもメスのほうに人気があるようです。
ミヤマセセリ

雲が出て気温が下がってくると、葉っぱの上で翅を広げてじーっとしていました。
ミヤマセセリ

再び陽が出てくると元気いっぱいに飛び回り始めました。
ミヤマセセリ

やっぱりチョウチョはお花と一緒がいいですね。
小さなセセリチョウが可愛く見えます。
ミヤマセセリ

ミヤマセセリ

ミヤマセセリ

これで著名なスプリング・エフェメラルはほぼ網羅したと言いたいところですが、
ギフチョウだけがまだ未撮影で心残りです。
また来年の楽しみってことで(笑)
関連記事
スポンサーサイト
21:15 セセリチョウ科 | (0) | (6)  | 


COMMENT

こんばんは  Toshi
やっぱり蝶には花が似合いますね~♪
スプリング・エフェメラルという言葉は知りませんでしたが、知らないうちに撮影してた蝶が多かったです。
でも、ウスバシロチョウ、ギフチョウは姿すら見たことがありません。
生息場所を知らないとダメですね。
私も来年は山に探しに行きたいと思います。
  kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんは!
いいな~、ミヤマセセリ・・
他のブログで初めて見てからずっと探してるんですがね・・
もう時間切れかな・・何処で探せばいいのかな(笑)
股間限定ってのがミソ・・・焦りばかりが・・(笑)
ダイミョウセセリばりに翅を開くんですね・・
開いた翅の美しいこと・・・
ポチッ!
  美由紀
スプリング・エフェメラルを ほぼ網羅とは快挙ですね。
私にはその価値があまりわからないのですが、生息地とか習性とか いろいろ研究して会いに行っているんですよね。楽しさと大変さが同居しているんでしょうね。

私は うっすさんの素晴らしい写真で、少しずつ知識を増やしていきます。

これからも 蝶、トンボ、カマキリetc いろいろな生き物たちとの素敵な出会いがありますように。
Toshiさん  Tigerうっす
こんばんは~。
花にはチョウ、チョウには花、切っても切れない組み合わせですね。
チョウの飛んでいない花畑って考えられないもの。
ウスバシロチョウもギフチョウも生息が局所的なので、ポイントが分からないと撮影は難しいですね。
でも、ウスバさんの方はそれほど山に行かなくても繁殖していると思うので、
ギフチョウよりは出会う可能性は高いと思います。
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
kameさんが未撮影だったとは驚きです。
私も散々探したんですよ(笑)
いると言われている場所に行っても出会うことができず、諦めかけておりました。
そんな時、ウスバシロチョウの繁殖地で出会うことができたのです。
このミヤマさんの撮影は4/24。
何頭か見かけたので、GW中でもまだ行けると思いますよ。
里山とかにいると思うんですけどねぇ。
ただ千葉県では重要保護生物に指定されているくらいなので、数は少ないんでしょうね。
美由紀さん  Tigerうっす
こんばんは~。
ギフチョウだけが撮れていないんですよ~。
美由紀さんにぜひお見せしたかった(笑)
生息地や習性は調べないと、撮影は難しいでしょうね。
モンシロチョウやアゲハの様にどこにでもいるって訳でもないので。
タイミングも大事ですね。
調べたり、遠路を出かけたりするのは大変ですが、実際に出会って撮影する時はとても楽しいです^^
ウスバシロチョウを撮影している際、今年初のトンボも見ました!
今まで見たことなかったトンボです。
レンズを向ける前に飛んでいってしまったので撮影ができなかったのが残念ですが、
また行こうと思っております。
今年もたくさんの出会いに期待したいです^^
コメントを閉じる▲

 ← ヒメウラナミジャノメ | TOP | ウスバシロチョウ

COMMENT

やっぱり蝶には花が似合いますね~♪
スプリング・エフェメラルという言葉は知りませんでしたが、知らないうちに撮影してた蝶が多かったです。
でも、ウスバシロチョウ、ギフチョウは姿すら見たことがありません。
生息場所を知らないとダメですね。
私も来年は山に探しに行きたいと思います。
22:01 Toshi #POLd2uQw
うっすさん、こんばんは!
いいな~、ミヤマセセリ・・
他のブログで初めて見てからずっと探してるんですがね・・
もう時間切れかな・・何処で探せばいいのかな(笑)
股間限定ってのがミソ・・・焦りばかりが・・(笑)
ダイミョウセセリばりに翅を開くんですね・・
開いた翅の美しいこと・・・
ポチッ!
22:41 kameのフォトブック2 #-
スプリング・エフェメラルを ほぼ網羅とは快挙ですね。
私にはその価値があまりわからないのですが、生息地とか習性とか いろいろ研究して会いに行っているんですよね。楽しさと大変さが同居しているんでしょうね。

私は うっすさんの素晴らしい写真で、少しずつ知識を増やしていきます。

これからも 蝶、トンボ、カマキリetc いろいろな生き物たちとの素敵な出会いがありますように。
01:11 美由紀 #-
こんばんは~。
花にはチョウ、チョウには花、切っても切れない組み合わせですね。
チョウの飛んでいない花畑って考えられないもの。
ウスバシロチョウもギフチョウも生息が局所的なので、ポイントが分からないと撮影は難しいですね。
でも、ウスバさんの方はそれほど山に行かなくても繁殖していると思うので、
ギフチョウよりは出会う可能性は高いと思います。
22:37 Tigerうっす #V.QdXw8.
こんばんは~。
kameさんが未撮影だったとは驚きです。
私も散々探したんですよ(笑)
いると言われている場所に行っても出会うことができず、諦めかけておりました。
そんな時、ウスバシロチョウの繁殖地で出会うことができたのです。
このミヤマさんの撮影は4/24。
何頭か見かけたので、GW中でもまだ行けると思いますよ。
里山とかにいると思うんですけどねぇ。
ただ千葉県では重要保護生物に指定されているくらいなので、数は少ないんでしょうね。
22:44 Tigerうっす #V.QdXw8.
こんばんは~。
ギフチョウだけが撮れていないんですよ~。
美由紀さんにぜひお見せしたかった(笑)
生息地や習性は調べないと、撮影は難しいでしょうね。
モンシロチョウやアゲハの様にどこにでもいるって訳でもないので。
タイミングも大事ですね。
調べたり、遠路を出かけたりするのは大変ですが、実際に出会って撮影する時はとても楽しいです^^
ウスバシロチョウを撮影している際、今年初のトンボも見ました!
今まで見たことなかったトンボです。
レンズを向ける前に飛んでいってしまったので撮影ができなかったのが残念ですが、
また行こうと思っております。
今年もたくさんの出会いに期待したいです^^
22:51 Tigerうっす #V.QdXw8.

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← ヒメウラナミジャノメ | TOP | ウスバシロチョウ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。