← 晩春のコツバメ | TOP | アサヒナカワトンボの体操

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
--:-- スポンサー広告 | (-)(-) | 


クロコノマチョウ 

2011年05月19日 ()
林道を歩いていると、大きなチョウが足元から飛び立った。
クロコノマだっ!
飛んでいる姿を見ると、クロコノマチョウがこんなに大きかったのかと改めて驚いた。

飛び去ってしまうかと思ったが、壁面に止まってくれた。
昨年秋に生まれた越冬組でしょう。
翅が大分傷んでいます。
クロコノマチョウ

春の優しい日差しを浴びて佇むクロコノマ。
クロコノマチョウ

越冬組のチョウはそろそろ寿命を迎える頃。
いっぱい子孫を残してくれたことと思います。
おつかれさま。
関連記事
スポンサーサイト
21:53 タテハチョウ科ジャノメチョウ亜科 | (0) | (8)  | 


COMMENT

  torimy
バックの沈んだステージにその光の当たり方が 余計に哀愁を誘っていますね。
チョウチョに限らず 虫の一生って さなぎの期間が一番長いですよね。
子孫を残すためだけに成虫になるようなもんだから、
こういう姿を見るとなんだか寂しくなりますね。
  kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんは!
クロコノマ、見つけさえしたらそんなに長い距離を飛びませんから
結構狙いやすいチョウですよね・・
だだ目視は大変ですから、いそうなところを歩き回ると飛びますので
後は目で追い掛けるだけ(笑)
このチョウの翅を開いたところを狙いたいんですが、いまだに実現しません(汗)
ポチッ!
こんばんは  Toshi
クロコノマチョウは突然足元から飛び立ちますよね。
動かなければ絶対に見つからないのに。
ゴールデンウィークの里山で私も2枚ほど撮りました。
綺麗な個体でしたが、こんなにいい場所には止まってくれなくて・・・。
  ホタル
こんばんは。
私は、昨年の秋に初めて見たのですが、やはりその大きさに驚きました。クロコノマチョウの存在すら知りませんでしたので、衝撃的でした。
成虫は地味ですが、蛹は美しいようなので見てみたいですね。

今週末は、日曜が天気が悪そうなので、土曜日が虫撮りのチャンスですね。お写真、楽しみにしております。
torimyさん  Tigerうっす
こんばんは~。
2枚目の写真でそのように感じていただき、大変光栄です。
1枚目の写真と同じようなトーンの写真もあるのですが、あえてこの写真をチョイスしました。
このチョウは多分メスだと思うのです。
子孫を残すために厳しい冬を乗り越えて、生き残ったチョウ。
そろそろ寿命を迎えるこの子を春の優しい日差しが暖かく包んでいる姿がとても感動的に思えたのです。
神様が、お疲れ様、頑張ったねって言っているようで。
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
今年になってこのチョウを見たのは2度目なのですが、
1度目は林の奥に飛び去ってしまって、撮影できませんでした。
そんなに長距離は飛ばないですが、林の奥に入ってしまうともう断念ですね(^_^;)
このチョウは自力で見つけるのはまず無理でしょうね。
驚かせて飛び立つのを期待してしまいますね。
んー、翅の表ですか。
難しそうだなぁ(笑)
Toshiさん  Tigerうっす
こんばんは~。
林の中を歩いていると、枯葉の中から突然飛び立ちますね。
そうしてくれないと見つからないですよね(笑)
ありがたい習性です。
ただし、林の中に逃げていくので、追いかけにくいし、いい場所に止まってくれないし、
なかなかのカメラマン泣かせの強者だと思います。
写真を撮りに行くときも、林の中を歩き、クロコノマの姿を探してしまいます。
ホタルさん  Tigerうっす
こんばんは~。
ホタルさんも驚かれましたか。
大きいですよね。
ジャノメチョウの中でも大きい部類に入ると思います。
幼虫は緑色のスマートな体つきで、顔はゴマダラチョウの幼虫の様な猫っぽい容姿のようですね。
私も見てみたいです。
残念ながら明日の土曜日は仕事なんです。
日曜日はホタルさんにアドバイス頂いた裏高尾に行こうと思っていたのですが、お天気悪そうですね。
雨の降り出す時間で決めようと思いますが、断念するしかないかも。
日曜日をどう過ごすか、悩みどころです。


コメントを閉じる▲

 ← 晩春のコツバメ | TOP | アサヒナカワトンボの体操

COMMENT

バックの沈んだステージにその光の当たり方が 余計に哀愁を誘っていますね。
チョウチョに限らず 虫の一生って さなぎの期間が一番長いですよね。
子孫を残すためだけに成虫になるようなもんだから、
こういう姿を見るとなんだか寂しくなりますね。
23:22 torimy #4a1thY..
うっすさん、こんばんは!
クロコノマ、見つけさえしたらそんなに長い距離を飛びませんから
結構狙いやすいチョウですよね・・
だだ目視は大変ですから、いそうなところを歩き回ると飛びますので
後は目で追い掛けるだけ(笑)
このチョウの翅を開いたところを狙いたいんですが、いまだに実現しません(汗)
ポチッ!
23:57 kameのフォトブック2 #-
クロコノマチョウは突然足元から飛び立ちますよね。
動かなければ絶対に見つからないのに。
ゴールデンウィークの里山で私も2枚ほど撮りました。
綺麗な個体でしたが、こんなにいい場所には止まってくれなくて・・・。
19:34 Toshi #POLd2uQw
こんばんは。
私は、昨年の秋に初めて見たのですが、やはりその大きさに驚きました。クロコノマチョウの存在すら知りませんでしたので、衝撃的でした。
成虫は地味ですが、蛹は美しいようなので見てみたいですね。

今週末は、日曜が天気が悪そうなので、土曜日が虫撮りのチャンスですね。お写真、楽しみにしております。
22:29 ホタル #vXeIqmFk
こんばんは~。
2枚目の写真でそのように感じていただき、大変光栄です。
1枚目の写真と同じようなトーンの写真もあるのですが、あえてこの写真をチョイスしました。
このチョウは多分メスだと思うのです。
子孫を残すために厳しい冬を乗り越えて、生き残ったチョウ。
そろそろ寿命を迎えるこの子を春の優しい日差しが暖かく包んでいる姿がとても感動的に思えたのです。
神様が、お疲れ様、頑張ったねって言っているようで。
22:45 Tigerうっす #V.QdXw8.
こんばんは~。
今年になってこのチョウを見たのは2度目なのですが、
1度目は林の奥に飛び去ってしまって、撮影できませんでした。
そんなに長距離は飛ばないですが、林の奥に入ってしまうともう断念ですね(^_^;)
このチョウは自力で見つけるのはまず無理でしょうね。
驚かせて飛び立つのを期待してしまいますね。
んー、翅の表ですか。
難しそうだなぁ(笑)
22:49 Tigerうっす #V.QdXw8.
こんばんは~。
林の中を歩いていると、枯葉の中から突然飛び立ちますね。
そうしてくれないと見つからないですよね(笑)
ありがたい習性です。
ただし、林の中に逃げていくので、追いかけにくいし、いい場所に止まってくれないし、
なかなかのカメラマン泣かせの強者だと思います。
写真を撮りに行くときも、林の中を歩き、クロコノマの姿を探してしまいます。
22:54 Tigerうっす #V.QdXw8.
こんばんは~。
ホタルさんも驚かれましたか。
大きいですよね。
ジャノメチョウの中でも大きい部類に入ると思います。
幼虫は緑色のスマートな体つきで、顔はゴマダラチョウの幼虫の様な猫っぽい容姿のようですね。
私も見てみたいです。
残念ながら明日の土曜日は仕事なんです。
日曜日はホタルさんにアドバイス頂いた裏高尾に行こうと思っていたのですが、お天気悪そうですね。
雨の降り出す時間で決めようと思いますが、断念するしかないかも。
日曜日をどう過ごすか、悩みどころです。


23:01 Tigerうっす #V.QdXw8.

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← 晩春のコツバメ | TOP | アサヒナカワトンボの体操
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。