← ハグロトンボ | TOP | ラミーカミキリ

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
--:-- スポンサー広告 | (-)(-) | 


トラフシジミ 夏型 

2011年07月06日 ()
トラフシジミの夏型と出会いました^^
ゼフィルスを諦めきれていない私は、赤っぽく見えたこのチョウをミドリシジミ!?って思っちゃいました(^_^;)
よーく見るとトラさんです。

この子は翅が傷ついております。
トラフシジミ 夏型

近辺を探してみると、もう1頭おりました。
産卵中でしょうか?
トラフシジミ 夏型

翅裏のしま模様から虎斑小灰蝶と名づけられました。
トラフシジミ 夏型

トラフシジミ 夏型

この写真は5月に撮影した春型。
こんなにも色が違うんですねぇ。
春型のほうが模様クッキリなので、人気は春型に軍配が上がるようです。
トラフシジミ 春型

何度か見かけても、どうもすっきりした写真が撮れない。
私にとって、なかなか手強い相手です(あせ)
関連記事
スポンサーサイト
[サイト内タグ検索] トラフシジミ シジミチョウ科
22:30 シジミチョウ科 | (0) | (10)  | 


COMMENT

希少価値  ホタル
私は、トラフシジミの夏型をアカシジミと思って撮っておりました。
個体数が少なく出会える確立は、かなり低いのですが、
夏型も春型もバッチリですね。
今度は、開翅写真ですね。トラフシジミも美しいですから。
でも、開いてくれないんですよね。
こんばんは  Toshi
トラフはよく見かけるんですが、ミドリは全然会えなくて・・・。
表がキラキラ輝く開翅シーン、憧れちゃいますよね。
  はまぴー
トラさんですか!?
生まれも育ちも葛飾柴又でしょうか!!
目が切れ長でカッコイイ蝶ですね^^
  sayugugu
おはようございます~~~~♪♪

トラフシジミ!!多い時は多いんですけど・・

今年はあまり多くない私の近間です・・

Tigerうっすさんが、おっしゃるとおり、春型のトラフちゃんの方が綺麗かも知れないですね?


そうそう・・↓のラミーカミキリ!!

背中の模様・・キョンシー(古っ・・笑)に見えて仕方が無いんですけど・・・・(笑)

こっちでも見れないかな??見てみたいです~~~(*^_^*)

  kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんは!
夏のトラさん、出逢えましたか・・
数が多くないので、遠目ではゼフに見えるかも・・・
ゼフなら超嬉しいんですがね(笑)
こちらではフジやクズのあるところで見かけますが・・
コバルトブルーの翅表、いま一度じっくり撮ってみたいものです!
ポチッ!
ホタルさん  Tigerうっす
こんばんは~。
トラフシジミ、アカシジミ、ミドリシジミの翅裏って似てるんですよね。
よーく見ないと間違えちゃいますね。
やっぱりトラフも個体数は少ないのでしょうか。
なかなか会えないですね。
トラフの翅表も綺麗なブルーのようですね。
なかなか開いてくれないでしょうが、一度見てみたいものです。
Toshiさん  Tigerうっす
こんばんは~。
ミドリシジミはかなりの強敵ですね。
おまけに、今年は不作のようです。
毎年、ミドリシジミの撮影で賑わう公園でも、全然ダメとのこと。
どうしちゃったんですかねぇ。
あー、キラキラミドリが見たいですねぇ。
はまぴーさん  Tigerうっす
こんばんは~。
残念ながら葛飾柴又出身ではなさそうですが、
タイガースのシンボルになりそうなチョウですね~。
この子の顔もかなりの美形ですよね。
sayuguguさん  Tigerうっす
こんばんは~。
実はトラフシジミと出会う機会って、あまりないのです。
やっぱり北海道は昆虫の宝庫なんですねぇ。
ジョウザンミドリとか羨まし過ぎますよ(笑)
ラミーちゃんは、キョンシーに見えましたか?^^
翅の模様から、パンダ虫とか、ガチャピン虫などと呼ばれています。
幕末の頃、日本に入ってきた帰化昆虫ですが、
西日本で繁殖し、温暖化の影響で関東まで北上してきました。
まだ東京辺りが北限のようです。
残念ながら、北海道では見れないかなー。
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
やっとのこと、夏型のトラさんに会うことができました。
やっぱり数は少ないんですね。
赤っぽいから、ミドリシジミに見えてしまいましたが、トラフと分かり、少々落胆(笑)
トラフも決して平凡な存在ではないのに、失礼な話です(^_^;)
コバルトブルーの翅、ぜひ収めてみたいものですね。
コメントを閉じる▲

 ← ハグロトンボ | TOP | ラミーカミキリ

COMMENT

私は、トラフシジミの夏型をアカシジミと思って撮っておりました。
個体数が少なく出会える確立は、かなり低いのですが、
夏型も春型もバッチリですね。
今度は、開翅写真ですね。トラフシジミも美しいですから。
でも、開いてくれないんですよね。
23:03 ホタル #vXeIqmFk
トラフはよく見かけるんですが、ミドリは全然会えなくて・・・。
表がキラキラ輝く開翅シーン、憧れちゃいますよね。
23:25 Toshi #POLd2uQw
トラさんですか!?
生まれも育ちも葛飾柴又でしょうか!!
目が切れ長でカッコイイ蝶ですね^^
06:14 はまぴー #n9XDtvKo
おはようございます~~~~♪♪

トラフシジミ!!多い時は多いんですけど・・

今年はあまり多くない私の近間です・・

Tigerうっすさんが、おっしゃるとおり、春型のトラフちゃんの方が綺麗かも知れないですね?


そうそう・・↓のラミーカミキリ!!

背中の模様・・キョンシー(古っ・・笑)に見えて仕方が無いんですけど・・・・(笑)

こっちでも見れないかな??見てみたいです~~~(*^_^*)

06:17 sayugugu #CjlWd7YA
うっすさん、こんばんは!
夏のトラさん、出逢えましたか・・
数が多くないので、遠目ではゼフに見えるかも・・・
ゼフなら超嬉しいんですがね(笑)
こちらではフジやクズのあるところで見かけますが・・
コバルトブルーの翅表、いま一度じっくり撮ってみたいものです!
ポチッ!
22:45 kameのフォトブック2 #-
こんばんは~。
トラフシジミ、アカシジミ、ミドリシジミの翅裏って似てるんですよね。
よーく見ないと間違えちゃいますね。
やっぱりトラフも個体数は少ないのでしょうか。
なかなか会えないですね。
トラフの翅表も綺麗なブルーのようですね。
なかなか開いてくれないでしょうが、一度見てみたいものです。
23:05 Tigerうっす #V.QdXw8.
こんばんは~。
ミドリシジミはかなりの強敵ですね。
おまけに、今年は不作のようです。
毎年、ミドリシジミの撮影で賑わう公園でも、全然ダメとのこと。
どうしちゃったんですかねぇ。
あー、キラキラミドリが見たいですねぇ。
23:05 Tigerうっす #V.QdXw8.
こんばんは~。
残念ながら葛飾柴又出身ではなさそうですが、
タイガースのシンボルになりそうなチョウですね~。
この子の顔もかなりの美形ですよね。
23:06 Tigerうっす #V.QdXw8.
こんばんは~。
実はトラフシジミと出会う機会って、あまりないのです。
やっぱり北海道は昆虫の宝庫なんですねぇ。
ジョウザンミドリとか羨まし過ぎますよ(笑)
ラミーちゃんは、キョンシーに見えましたか?^^
翅の模様から、パンダ虫とか、ガチャピン虫などと呼ばれています。
幕末の頃、日本に入ってきた帰化昆虫ですが、
西日本で繁殖し、温暖化の影響で関東まで北上してきました。
まだ東京辺りが北限のようです。
残念ながら、北海道では見れないかなー。
23:06 Tigerうっす #V.QdXw8.
こんばんは~。
やっとのこと、夏型のトラさんに会うことができました。
やっぱり数は少ないんですね。
赤っぽいから、ミドリシジミに見えてしまいましたが、トラフと分かり、少々落胆(笑)
トラフも決して平凡な存在ではないのに、失礼な話です(^_^;)
コバルトブルーの翅、ぜひ収めてみたいものですね。
23:09 Tigerうっす #V.QdXw8.

COMMENT POST















管理者にだけ表示

Trackback

 ← ハグロトンボ | TOP | ラミーカミキリ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。