BACK | TOP | NEXT

スポンサーサイト 

--年--月--日 (--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
[タグ未指定]
--:-- スポンサー広告 | (-)(-) | 


ナガサキアゲハ 

2013年09月09日 ()
2020年のオリンピック、東京に決定しましたね^^
これは楽しみだなぁ。生で見たいなぁ。それまで元気でいないと^^;
日本中が忙しくなりますね。
公共事業も増えるだろうし、景気回復の実感が得られればいいなぁ。

さて、日付が少し戻ります。
マルタンヤンマを探索中、ナガサキアゲハの交尾シーンに出会いました。
ナガサキアゲハは黒いアゲハチョウの中でも大型で、尾状突起が無いのが特徴ですね。

手前がメスです。
しばらくの間、ジーっとしていて動きません。
ナガサキアゲハの交尾シーン

しばらくして、この状態のまま飛び立ち、近くの枝に移動しましたが、絵的に変化なし。
動きがなくて面白く無いので、撮影終了(笑)
ナガサキアゲハの交尾シーン

これはこれで珍しいシーンなのですが、
蝶の写真は吸蜜シーンなど動きがあったほうがいいですね(笑)

※記事訂正のお知らせ
2013.7.22に投稿のトウキョウヒメハンミョウは、umajinさんのご指摘により、コハンミョウと判明いたしました。
訂正させていただきます。

関連記事
[サイト内タグ検索] ナガサキアゲハ アゲハチョウ科
21:51 アゲハチョウ科 | (0) | (16)  |   | 


COMMENT

  Kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんはです!
ナガサキの交尾シーン.初見です!
そもそもナガサキは滅多に出逢えず・・しかも見かけるのはオスばかりで
メスは一昨年に撮ったきり・・
このところ、黒いアゲハに飢えております(笑)
ポチッ!
  june
貴重なシーンに出会えたのですね〜^^
尾状突起がないアゲハなのですか。
初めて知りました。
大きなアゲハはカッコいいですよね〜
撮れたことはありませんが・・ww
  あき
うっすさん、こんにちは^^
きれいな翅ですね。
じっとしたままで、確かに面白くないですね(^_^)
大きなアゲハ、貫禄を感じ、
その姿に見入ってしまいます。
  美由紀
見るからに大きそうなチョウですね。

珍しいですね交尾シーンを写せたのに、動きがなくて
面白くないなんて贅沢な!
という声があちこちから聞こえてくるのでは?
  はまぴー
美しい翅ですね!!
ウットリと眺めています。
来年も、この蝶達の子供が、沢山飛びますね^^
  puntamama
いいですね~~~ ナガサキアゲハ!
ところでこの交尾姿どうなってるの? (笑)

多分同じポイントで飛んでいくのだけ見ました ^^;
動きが速すぎでした (笑)
  umajin
おはようございます!
お蔭様でナガサキアゲハの交尾シーンが撮れました。
しかし、まだ単体で撮ったことが無いので
交尾シーンより吸蜜シーンの方がよかったかな(笑)

今日は良い天気ですねー!
休みなのですが、散策に行こうか迷っております。
最近、めっきり散策に出掛けなくなりました。
多分、思うような収穫が無いのが原因かな・・・
  椿の茶屋
こんばんはー。ナガサキアゲハ、華やかな南方系のチョウですね。
小さい頃このチョウを捕まえようと夢中になったことがあります。
が、当時このチョウは広島でも特に温暖な海岸部にしかおらず、
住んでいた山間部では見ることもできませんでした。思い出のある
チョウです。おそらく気候の変化のせいか、最近関東でもよく見ら
れるようになったことをうれしく思いますけど、いっぽうで複雑な
気分でもあります。
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
こちらでは、ナガサキアゲハはちらほら見かけますが、
個体数はそれほど多くないので、やはり撮るチャンスはそれほど多くありません。
数年前は我が家から一番近いフィールドでは結構飛んでいたんですけど、
今は見かけなくなりました。
黒いアゲハはクロアゲハばかりです(笑)
juneさん  Tigerうっす
こんばんは~。
アゲハには珍しく尾状突起が無いんですよ。
大きいアゲハなので、こういうシーンでは見応えはありますね。
飛翔能力はかなり高いので、あっ!飛んでる!って思っても、
あっという間に飛び去ってしまいます(笑)
交尾シーンはじっくり撮れますが、動きがなくて面白くない(笑)
コメントを閉じる▲

ゴイシシジミ 

2013年09月06日 ()
ルリボシヤンマの撮影後、フィールドの雑木林内で、ゴイシちゃんに会いました^^
今シーズンは未見だったので、ラッキー!

二頭おりました^^
ゴイシシジミ

裏に潜ってしまいましたが、
ゴイシシジミ

そーっと覗いてみると、頭と頭をくっつけています。
仲良しさんのようで^^
ひそひそ話でしょうか?
ゴイシシジミ

葉っぱに触れてしまい、二頭とも飛び立ってしまいましたが、
一頭は戻ってきてくれました。
ゴイシシジミ

クルッと、
ゴイシシジミ

一回転してくれました^^
ゴイシシジミ

可愛いシジミチョウですが、肉食なんですよね(笑)

EOS 7D + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM

(撮影:静岡県富士宮市 2013.9.1)
関連記事
[サイト内タグ検索] ゴイシシジミ シジミチョウ科
22:35 シジミチョウ科 | (0) | (14)  |   | 


COMMENT

  puntamama
わぁ 頭をくっつけたひそひそ話が可愛いですね!
ミニーの大きなリボンみたいです ^^
そしてクルリなんて・・・
お洒落なファッションを見て欲しかったんでしょうね!
  Kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんはです!
葉の裏でひそひそ話・・
あそこから変なおじさんに覗かれてるんだけど・・・
そんな会話が聞こえてきそうな(笑)
今シーズンに入って初めてゲット・・・これでどうにか仲間入りに(笑)
ポチッ!
punntamamaさん  Tigerうっす
こんばんは~。
チョウ同士が頭をくっつけているシーンは初めて見ました。
どういう行動なんでしょうね?
可愛いのでいいのですが(笑)
ファッションモデルのように、目の前で一回転。
スーパーモデルのようでした。
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
なんか覗かれてるぅ~、キモいんだけどぉ~、
なんて言われているのでしょうか^^;
おじさん、悲しいなぁ^^;
でも、最後は目の前で一回転してくれたので、まんざらでもなかったりして(笑)
  はまぴー
わぁ、可愛いですね~!!
シジミ系の蝶は大好きなのですが、その中でもナンバーワンの可愛らしさです。
一目惚れしました。
シジミチョウって肉食なんですね。
ギャップに萌えました^^
  あき
うっすさん、おはようございます♪
可愛いですね(^_^)
あまりの可愛さに見入ってしまいました。
葉っぱの下で頭と頭をくっつけてヒソヒソ話、
仲間に加えてほしくなりました(*^_^*)
一回転してうっすさんに可愛い姿を見てほしかったんですね^^
  美由紀
頭と頭をくっつけているシーンが一番好きです。

涼しげな色のゴイシちゃん、名古屋の街中では
見かけるのは無理かしら?
はまぴーさん  Tigerうっす
こんばんは~。
シジミチョウは魅力的な種類が多いですが、
ゴイシシジミはその中でも可愛らしさはトップクラスでしょうね。
はまぴーさん、一目惚れしちゃいましたか(笑)
記載があやふやで語弊があったかもしれませんので補足させていただきますね。
全てのシジミチョウが肉食というわけではありません。
ほとんどのシジミチョウの幼虫は草食なのですが、
このゴイシシジミの幼虫はアブラムシを食べる肉食なのです。
成虫もアブラムシの分泌物を餌としております。
他にも肉食のシジミチョウは数種類います。
あきさん  Tigerうっす
こんばんは~。
シジミチョウには可愛い種類がいっぱいいますが、
ゴイシシジミは碁石を散りばめたような水玉模様が魅力的ですね。
蝶が頭と頭をくっつけている姿は初めて見ましたが、
何をしているんでしょうね?
そんな姿も可愛いのですが。
最後はファッションショーの様に目の前で一回転してくれました^^
何時でも嬉しい~ゴイシちゃん☆  かえで☆
今晩は~★ 
ゴイシちゃんは何時出遭っても嬉しくなりますね~♪
昨日は私もフィールドで3頭一緒が撮れました。(^◇^)

笹の葉の裏には美味しいご馳走があるので、仕方がないですね
直ぐに裏に回って…ぶら下がってしまいますネ。
うっかりすると見落として、通り過ぎそうになります。

5枚目のお写真で、触角の先端のオレンジ色が見ますね~♪
新発見です~美しくて素晴らしいです。('∇^d) ステキ☆!!
コメントを閉じる▲

ルリボシヤンマ 

2013年09月04日 ()
ヤマキチョウのポイントを後にして、ルリボシヤンマのポイントへと向かった。
ルリボシヤンマは初挑戦のトンボ。
山地の湿地や高い標高の池沼などに生息しており、
今シーズン遠征した先でも色んな場所で見ることができたが、撮影には至っていなかった。
今年、何としても撮りたいと思っていたが、教えていただいていた他のポイントは行くにはちょっと面倒臭い距離。
重い腰が上がらずにおりました。

ポイントに到着すると、広い湿地帯にたくさんのオスが飛んでいます!
ここはルリボシヤンマの多産地のようだ。
一頭のオスが数十メートルを縄張りとして、あちこちで専有行動をとっていた。

人をあまり恐れる様子もなく、ごく近い場所で比較的長いホバリングをするので、
撮影意欲がかなり刺激された(笑)

ルリボシヤンマ

ルリボシヤンマ

ルリボシヤンマ

ルリボシヤンマ

ルリボシヤンマ

ルリボシヤンマ

湿地帯の中の木道を歩いていると、湿地の中でバタバタと音がする。
クモに襲われ、頭部から胸部まで糸でがんじがらめにされ身動きが取れなくなったオスが暴れていた。
ホタルさんが救済し、私が糸を取ってあげることに。
糸を取っている時、顔に指を近づけすぎて、ガブリと噛まれましたけど(笑)
これを機会に、離す前にアップの写真を撮らせてもらおう。

ルリボシヤンマ

ルリボシヤンマ

まだ糸が若干残っていますが、これくらいなら自力でなんとかなるでしょう。
手を離したら、元気よく飛び去って行きました。

近似種にオオルリボシヤンマがいます。
こちらも近々撮影したいと思っております。

1~6枚目:EOS 7D + EF70-300mm F4-5.6L IS USM
7~8枚目;EOS 7D + SIGMA APO MACRO 150mm F2.8 EX DG HSM

(撮影:静岡県富士宮市 2013.9.1)


関連記事
[サイト内タグ検索] ルリボシヤンマ ヤンマ科
22:03 ヤンマ科 | (0) | (12)  |   | 


COMMENT

  Kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんはです!
先ほど、ママさんのところでも見せてもらいましたが・・
ルリボシの飛翔シーン、見事ですね〜
ラスト2枚のドアップ・・こういう機会じゃないと撮れませんね〜
それにしても救出しているのにガブリとは・・(笑)
ポチッ!
  美由紀
最近よくトンボを見かけます。
どれがどれだか、あの早さではさっぱりわかりませんが、
うっすさんのブログと出会ってから 昆虫たちにも
目が行くようになりました。
これからもこのブログで いろいろ覚えさせていただこうと
思っています。

今日のトンボさん、男の子らしい顔していますね。
風をきって飛んでいる姿も格好良いです。
  はまぴー
救済してもらって感謝してますよ!!
トンボの恩返しは近撮ですね。
眼が綺麗です。
早く飛ぶ為の無駄のないフォルム。
トンボってカッコイイですね^^
  umajin
おはようございます!
これがルリボシヤンマですね!
この手もじっくり撮影したいですが、ヤンマの類は止まらないですよね~
早朝とかは葉などで止まって休んでいるのでしょうか?
そんな時があったら狙ってみたいです(^^)
  あき
うっすさん、こんにちは^^
トンボを見かけることが多くなりました。
種類の区別はつきませんが、飛び回る姿に秋を感じます。
飛翔シーン、カッコイイですね。
背中に乗せてもらって一緒に飛びたくなります。

救済してもらい本当に良かったですね。

kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
ママさんのお写真はオオルリボシヤンマでしたね。
あの場所もオスメスそろい踏みで凄そうですね!
行ってみたい(笑)
救出していると言っても、トンボにとっては捕まえられているのは恐怖だと思います。
噛みつかれるのはしょうがないですね(笑)
それだけ元気だということですね。
美由紀さん  Tigerうっす
こんばんは~。
まだまだ暑いですが、暦上は秋。
アキアカネも山から降りてきて、赤とんぼが目立つようになりましたね。
夏のオニヤンマなどはそろそろ終わりですが、
ヤンマと名のつくトンボの中にはまだチャンスがある種類もいます。
チョウはもうそろそろ終わりですが、トンボはまだまだ狙います。
トンボの飛んでいる姿はかっこいいですね^^
見ると、写欲がふつふつと湧いてきます。
はまぴーさん  Tigerうっす
こんばんは~。
傘地蔵の様にはいかないでしょうが(笑)、
救済したトンボに少しは感謝されたでしょうか(笑)
トンボは飛ぶことに特化した昆虫。
やはり飛んでいる姿は美しいです。
umajinさん  Tigerうっす
こんばんは~。
はい、これが念願のルリボシヤンマです。
ヤンマの類はなかなか止まりませんが、
このトンボは結構長くホバリングしているので、
飛翔写真が撮りやすいですよ。
umajinさんは70-200をお持ちでしたよね。
それでばっちり撮れると思いますよ~
あきさん  Tigerうっす
こんばんは~。
暦上は秋になって、赤とんぼが目立つようになりましたね。
赤とんぼの印象が強いせいか、一般的にトンボの季節は秋となっているようですが、
実は5~10月頃まで種類を変えながらいるんですよ。
このルリボシは6~10月がシーズンです。
トンボは飛ぶことに特化した昆虫。
飛んでいる姿はかっこいいです^^
背中に乗ることができたら、楽しそうですね^^
コメントを閉じる▲

ヤマキチョウ 

2013年09月03日 ()
土曜日の夜、翌日の日曜日はどうしようかと思っていたところ、ホタルさんからメール着信。
昆虫探索のお誘いを頂いたので、喜んでご一緒させていただくことに。
ホタルさんが自力の調査と努力で見つけたヤマキチョウのポイントへご案内頂いた(感謝!)

ホタルさんが撮影された時は、10:00近くになると5~6頭が何処からともなく姿を現し吸蜜を始めたという。
到着した時間が8:00過ぎだったので、他にどんな昆虫がいるのか探索しながらその出現を待った。
このフィールドは、やたらジャノメチョウが多い。
草原の中の道を歩いていると、あちこちでジャノメチョウの黒い翅が飛び回っていた。
ごくたまに、ギンボシヒョウモン、ヒオドシチョウ、クジャクチョウが飛んでいると言った感じ。

暑さに少々参り始めた頃、白っぽい翅の蝶が吸蜜している姿が目に入った。
ヤマキチョウだ!
その時間、9:45。
なんと時間に正確なことか(笑)
急いでレンズを向け、シャッターを切る。

ヤマキチョウ

すぐに飛び立ってしまい、近くの花に止まったが、シャッターを切る間も無く飛び立って姿を消してしまった。
その後、30分ほど待ったが、他の個体が姿を現すことはなかった。

別の場所に移動し、約2時間後に再度このポイントに訪れたが、ヤマキチョウの姿は確認できず。
結局、1シーン2カットのみの撮影となった。

バリエーションを多く撮れなかったのが心残りではあるが、なんとか上品なクリーム色の翅を撮ることができた。
証拠写真以上のものは撮れたのではないかと思う。
リベンジはまた来年かな(笑)

関連記事
[サイト内タグ検索] ヤマキチョウ シロチョウ科
22:14 シロチョウ科 | (0) | (10)  |   | 


COMMENT

  Kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんはです!
ヤマキチョウ、未だ見ずのチョウですが綺麗なもんですね・・
それに警戒心も強そうな・・・
バリエーションはまた来年にお預けですね〜
ポチッ!
  はまぴー
お洒落な蝶ですね!!
本当に美しいです。
ワンカットでも出会えて良かったですね。
来年、楽しみにしています^^
  puntamama
うっすさん こんばんは!
ヤマキチョウ 綺麗に撮られましたね ^^
いいなぁ ^^;
いつか出逢いたいです!
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
同じ黄色い蝶でも、モンキチョウやキタキチョウなどと比べ、上品な感じがしますね(失礼!)
見分けつくかと思っていましたが、実際に見ると大きさが違うのですぐに分かりました。
警戒心、強いんでしょうね。
2度めのチャンスの時は、すぐに逃げられました><
今回、数が少なかったのは、時期が外れたか、タイミングだと思います。
来年の楽しみにしておきます。
はまぴーさん  Tigerうっす
こんばんは~。
上品な蝶ですよね。
翅の形も色も縁取りもおしゃれさんです。
ワンカットしか撮れませんでしたが、チャンスをものにできてよかったです。
リベンジは来年までとっておくことにします。
puntamamaさん  Tigerうっす
こんばんは~。
結果、一度しか来なかったチャンス、なんとか撮影出来ました。
急いで撮影した割には、証拠写真以上にはなったかな(笑)
この蝶は手強いですね。
どこに行けば、確実に撮れるのか。
目撃情報だけでは厳しいようです。
  椿の茶屋
こんばんは。わおー、これを撮るのは大変そうですね。
分布がかなり局所的なんではないでしょうか。アザミの
花で吸蜜しているシーンもばっちりですね。
おめでとうございます!
オオミズアオ&ヤマキチョウ  ヒメオオ
オオミズアオやヤマキチョウは何か怪しい
妖艶な美しさがそそられますね!
今年はいまのところ両種とも観察していな
いので貴兄の写真で愉しみました。
椿の茶屋さん  Tigerうっす
こんばんは~。
まず、生息場所がよく分からないんですよね^^;
ホタルさんは食草から自力で調査し、探し当てたそうです。
タイミングもあると思いますが、この日は結局一頭のみでした。
でも、とりあえず吸蜜シーンが撮れてよかったです^^
ヒメオオさん  Tigerうっす
こんばんは~。
確かに両者とも妖艶な感じがしますね。
それに滅多にお目にかかれないところが、人々を引き付けるのでしょうね。
特にヤマキチョウは探すのが大変ですね。
スジボソヤマキも見たいのですが・・・
コメントを閉じる▲

オオミズアオ 

2013年09月02日 ()
オオミズアオヤママユガ科に属するいわゆる蛾の仲間であるが、
その姿はとても大きく、青白い翅がとても美しい。
蝶は綺麗で蛾は汚いというのが一般的な印象だと思いますが、
この蛾を見れば、そんな考えも払拭されるのではないでしょうか。

今までは、地面の上で朽ち果てていたり、傷ついて弱っていたりと綺麗な姿を見たことがなかったが、
羽化直後のきれいな姿を見ることができた。
学名は、「Actias artemis」。アルテミスとはギリシャ神話の月の女神。
月明かりに照らされて優雅に舞う女神様・・・ってところでしょうか。

地面から50cmほどのところにぶらさがっておりました。
オオミズアオ

翅は青白い印象があったが、それほどでもないな(笑)
オオミズアオ

接近してみましょう。
白い毛がモコモコですね。
オオミズアオ

顔が見たいと、上から撮影。
脚がこんなおしゃれなピンク色だとは知らなかった。
櫛状の触覚もとても綺麗。
オオミズアオ

裏からも撮影したかったが、枝が邪魔><
これが限界でした。
体も純白で、まさに月の女神の名に相応しい姿ですね。
オオミズアオ

オオミズアオの成虫の寿命は僅か1週間ほどだそうです。
成虫は口が退化し、食事はできないらしい。
子孫を残すためだけに、成虫になる。
姿が美しいだけに、切ないですね・・・

関連記事
[サイト内タグ検索] オオミズアオ ヤママユガ科
22:02  | (0) | (9)  |   | 


COMMENT

  Kameのフォトブック2
うっすさん、こんばんはです!
オオミズアオ、傷一つない綺麗な個体ですね・・
一昨年に撮って以来お目にかかれず・・滅多に見られませんね(笑)
先日アップしたヤママユ同様、口は退化しているので幼虫時代の養分で
行きているとか・・カゲロウよりは長生きですが(笑)
ポチッ!
管理人のみ閲覧できます  -
  puntamama
こんばんは ^^
綺麗なオオミズアオですね!
確かに少し白っぽいかも・・・ですが
家の近くでも以前は見られましたが、近年は宅地化でサッパリです
今年はご一緒したときに最初の公園でボロボロのを見ただけです

蛾の中でも一番見たいですね ^^



  美由紀
綺麗ですね。
茶色で汚いイメージが吹き飛びますね。

翅の色が淡いブルーなのが良いですね。
儚げな感じがします。
翅の縁取り、足がピンク色なのもポイント高!
ぜひ月の女神を この目で見てみたいです。
  はまぴー
なんて美しいのでしょう!!
蛾に対するイメージが一変しました。
暗くなると、蛍光塗料のように光りそうですね。
足も触覚も美しいです。
食べることができないのですね。
無事子孫を残してほしいものです^^
kameさん  Tigerうっす
こんばんは~。
オオミズアオは特別珍しいという訳ではないと思いますが、
お目にかかる機会は少ないですよね。
完璧な状態の個体に出会ったのは、今回が初めてでした。
カゲロウの寿命は一日。
それに比べれば長いですが、人間の感覚でいえばやはり短いですね。
食事もせずに短い一生を終える姿は、切なく儚いですね。
puntamamaさん  Tigerうっす
こんばんは~。
思っていたより青白くなかったんですよね(笑)
新宿御苑なんかでもいるようなのですが、私は見たこともなく、
遠征のついでにボロボロの個体を見たことがある程度でした。
ずーっとチャンスがあればと思っていたので、
この出会いはうれしかったです^^
美由紀さん  Tigerうっす
こんばんは~。
蛾が苦手な方でも、オオミズアオは見れば綺麗だと感じると思います。
翅を広げれば10cmを超えますので、大きいですよ~。
蛾ですので夜行性ですが、月明かりの中を飛ぶ姿は、
翅が青白く透けて、とても神秘的なようです。
見てみたいですね。
はまぴーさん  Tigerうっす
こんばんは~。
蛾が苦手な方も、オオミズアオは綺麗だと感じる人が多いらしいです。
月明かりの中で飛ぶ姿は翅が青白く透けて、神秘的だそうですよ。
食事もできずに子孫を残すためだけに短い生涯を過ごす。
切なく、儚いですね。
コメントを閉じる▲

BACK | TOP | NEXT
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。